ページの先頭です
ホームページ制作のハラプロ
  • HOME
  • プロフィール
  • ホームページ制作実績
  • お任せください
  • 料金について
  • 制作の流れ
  • よくある質問
  • ブログ(毎日更新中)
  • コラム
  • お問い合わせ

コラム

ブログをやったほうがいい理由

コラムの一覧に戻る

ツイッターやフェイスブックをやる人が増えてブログをやる意味がなくなったとか、ブログが衰退しているという声をたまに聞きます。しかし、それはちょっと違うのではないかと考えます。フェイスブックなどのSNSと、ブログはまったくの別物です。

ブログは単なる日記ではなく「自己表現のメディア」で、フェイスブックは主に知り合いとの人づきあいツールです。ぼく自身、ブログをやっていて毎日更新をしています。しかし、フェイスブックは登録こそしていますが、投稿はしていません。その理由は、何かをするたびに「いいね」をしてほしい自分の潜在意識に素直になれないでいるからです。自意識過剰のダメパターンですね。でも意外とそういう人、多いのではないでしょうか?

そういう状態で「正直な自己表現」をすることは大変難しいです。事実、フェイスブック上ではだれもがみんな聖人で、当たり障りのない投稿や社交辞令コメントで溢れ返っています。その点ブログは特定の人たちに向けたものではなく、ただただ純粋に、自己の表現ができる場です。

そもそもインターネットの凄さというのは、自分の想定外の出会いや体験が生まれることにあって、それは、SNSのようなクローズドな空間ではなく、従来のWEBサイトやブログのように、開かれたメディアでこそ生まれるものです。

だからやっぱりブログはやるべきだと思います。経営者だろうが、会社員だろうが、フリーランスだろうが。知り合いに向けた日記だけじゃない「自己表現としてのブログ」を。

ハラプロ代表:フリーランスWEBデザイナー原田大輔

ハラプロ代表 原田 大輔( Daisuke Harada )

デジタルハリウッド福岡校にて、ホームページ制作について学んだ後に、福岡市にある某ホームページ制作会社にWEBデザイナーとして入社。数多くのホームページの企画、制作、運営サポートを手がけ、セミナー講師などもこなしつつ、2009年の末に退職。自身が理想とするホームページ制作サービスを追求すべく、ハラプロによる活動を開始しました。モットーは「わかりやすく誠実に」。お客さまとのコミュニケーションを大切にしながら、自己満足ではない「ちゃんと伝わるホームページづくり」をおこなっています。

コラムの一覧に戻る
ホームページ制作依頼・お問い合わせはこちら
ページの先頭へ戻る