小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2010年7月の記事

四国への旅

毎日毎日暑いわけですが、今日から日曜日までの間、
ちょっと早めの夏休みをいただきます。
そして四国に行ってまいります。

朝から讃岐うどんを食べて、キャニオニングをしてきます。
生きて帰れるようがんばります。
レポートは帰ってからということで。行ってまいります!

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

トイストーリー3の余韻は続く

今日も暑かったですね。
まだトイストーリー3の世界から抜け出せておりません。

とにかく、どんなに忙しくても、2時間の時間をつくって、
今すぐトイストーリー3を観にいってください。
メガネの人は3Dで観るとき、メガネonメガネになるからご注意ください。

面白くなかったら、感動できなかったら、ぼくが返金します。
ウソです。絶賛だらけのヤフーのユーザーレビューを読むと、
またあの感動がフラッシュバックする。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

トイストーリー3の余韻

素晴らしすぎて、まだ余韻に浸っています。
将来自分に子供ができたら、絶対に見せたいと思いました。
というか、自分がもう一回見たい。明日にでも見たい。
あと1時間くらい余韻に浸ってから、寝よう。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

トイストーリー3

観てきました。評判どおり、かなり良かったです。かなり。

最初から最後まで、ひと時も飽きさせることなく進むストーリーは
テンポよく、笑いどころもしっかりあって、ラストはただただ感動。
本当にイイ映画だったなあ。思い出しただけで、また涙がでる。

単なるお涙頂戴物語ではなく、予定調和でもなく、
これぞ映画!といった感じの極上のエンターテイメント。
ラスト焼却炉のシーンからは絶対に泣く。保証します。
すべての人に観てほしい最高の映画です。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

職人芸

クワイエットファンク

ぼくの好きなルアーメーカーに「クワイエットファンク」というメーカーがあります。
そこのオリジナルフィーというダブルスウィッシャー(写真)がとにかくカッコいい。
まだ釣ったことないけど。

ルアーを創る様子がYouTubeで見れます。まさに職人。
http://www.youtube.com/watch?v=3dSX7l2u2y8&NR=1

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

アップルについて

iPhone4の電波障害の件でアップルが叩かれている。

■アップル会見にライバル社一斉反発

http://www.j-cast.com/2010/07/20071455.html

まあiPhone4という注目度の高い製品だからこそ、
そうした声や報道が目立つだけで、新しい製品にとって少々の不具合は、
そんなに珍しいことではないだろう。

そういえば、ぼくの使ってるiphone 3GSにも、最近不具合があった。
ある日突然、起動しなくなったのでアップルストアに持っていくと、
非常に感じのいい店員さんに笑顔で
「これはOSのバージョンアップが必要です」と言われた。

じゃあバージョンアップしてくださいと言うと、「バックアップデータは取っているかい?」と聞いてくる。
なんでもバージョンアップすると、iphone内のデータがすべて空になるそうだ。

結局、たまたま1ヶ月前にパソコンにつないだ時に、
アドレス帳などのデータはバックアップがとれていて事なきを得た。

しかし追加で入れていたアプリケーションは、全て消えてしまった。
お金を払った有料アプリもあったのに…。

よくよく考えると、これはちょっぴりおかしくないかい?と。
もともとぼくの使い方に問題があったわけではない。
なのに、もしバックアップをしていなかったら、アドレス帳などのデータもすべて消えていたのだ。

けれども、アップルの店員さんは非常に感じがよく、
笑顔がさわやかで、よく教育されていた。
そのせいで、ぼくは現場で不満を覚えるどころか
「アップルってやっぱすごいな」と、感心して帰路に着いたのである。ヤラレタ。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

効率プレイ

レンジでチンしている間に洗い物。
これは効率プレイの代表的なものだけど、
ぼくは生粋の面倒くさがり屋なだけあって、効率プレイは得意です。

仕事においてもこの効率プレイは重要です。
例えばだれかの確認が必要なものを優先してさばき、
その間、自己完結仕事に取り組む。

そんなの当たり前やんかと思える人は無問題。
しかし、そんな基本プレイができない人は結構いるのだ。
レンジでチンしている間に、ぼけーとしてたらダメなんだ。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

夕日とマグトー

夕日とマグトー

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ベンリーを聴いている

ベンリーのCD

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

スポーツにおける実況と解説

仕事しながら全英オープンをテレビで見ていて、解説者たちがまあよくしゃべるなーと。
青木功さんの解説は好きだし、戸張さんのあのおなじみ低音ボイスも嫌いじゃないんだけど、
ちょっとみんなしてしゃべりすぎな感じが。(なぜか松岡修造氏まで加わっている・・・)

サッカーのワールドカップでも、Yさんの解説の時は試合に集中できなかった。
同じフレーズの繰り返しで、もう少し静かに試合に集中させてほしいと思った。
だったら消音にして見ればいいんだけど、そうすると歓声まで聞こえなくなるから臨場感に欠けるし。

海外のサッカー中継なんかをYou Tubeで見ることがあるけど、
実況はシンプルに、ボールを持った選手の名前を呼ぶだけだったりする。
解説者は良いプレーやゴールの後なんかに、きちんと解説している(ように思う)。

つまりメリハリがあるのだ。
観客の応援もしかり。静かにしている時と、爆発する時のメリハリがある。

メリハリがなく、ずーとダラダラしゃべったり、
延々と同じトーンで応援したりするのは、日本人の特性なんだろうか。
もっとシンプルに、選手が発する音や、自然の音、拍手、歓声だけを聞きながらスポーツを見たい。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP