小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2010年8月の記事

人の力

800億円でアマゾンに買収された「ザッポス」の本を読み終えた。

靴のオンライン販売会社であるザッポスは
顧客を感動させる数々の逸話を残している。

ある女性が病床の母親のために、ザッポスで靴を購入したが
数日後に母親が亡くなってしまう。
死後のバタバタで、靴を返品し損ねた女性は
しばらくしてザッポスに電話をかけ、理由を説明する。

ザッポスの回答は「集荷サービスを送るからご心配なく」
というもので、更にはお悔やみの花束と
メッセージまでもが届けられたそうです。

女性は感激してブログに書き込み
このエピソードは瞬く間にネット上で広まった。

これは電話を受けたコンタクトセンターのスタッフが
自ら考え、自らの判断でおこなったことだという。

ザッポスのコンタクトセンターにマニュアルなどはなく
ただただ「顧客に幸せを届ける」という指針があるだけで
社員ひとりひとりに大きな権限が与えられ
各個人が「顧客の幸せ」のために考え、実践するという。

また、ザッポスに希望の靴の在庫が無い場合は
必ず他のサイトを調べ、在庫があるところを
教えてあげる決まりもあるそうだ。

ぼくも最近よく思うのは
これだけネット上に情報が溢れ
便利な機能やサービスが当たり前になった今
みんなが求めているのは「感動体験」なんだ、と。

そして、どれだけテクノロジーが進歩したって
結局最後は「人」なんだ、ということです。

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

コーヒー牛乳について

コーヒー牛乳は、ついゴクゴク飲んでしまって
あっという間に無くなってしまいます。

それがせつないので
最近は、まず水やコーラで喉を十分にうるおしてから
コーヒー牛乳に取り掛かる…という流れを実践してました。

そしたらコーヒー牛乳がぬるくなるまで残るという
不本意な状況が続いたので
今ではウォーミングアップなしで飲んでます。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

今日の出来事

今日もまたまた八女方面へレッツゴー。

基山大好き人間の川人さんが
基山カレーもうまい、と言ってたので食べました。
昔なつかしい給食系カレーです。

帰りは突然のドシャ降りの中
ひさしぶりに雷の閃光を生で見たなあ。
ポンコツ愛車を車検に出しにいったり。

そして今からガッツリ作業タイムに入ります。
腱鞘炎になるかならないかの勢いで
マウスを高速操作します。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ザッポスの奇跡

amazonで購入した「ザッポスの奇跡」がようやく届いた。
いま読んでますが、いやーおもしろい。
読後感想は、また後日。

ザッポスの奇跡

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

気になったこと

今年も24時間テレビやってましたね。
大体なんでマラソンするんだろう。よくわからない。
芸能人を走らせて感動させようという企画、たくさんありますね。

それと全然関係ないですが
テレビを見てるとやたら気になる 「~と思います」 発言。

~に行ってみたいと思います。
~をやってみようと思います。
~してみたいと思います。

行ってみます。
やってみます。
してみます。

でいいだろうに。
気になるのはぼくだけでしょうか。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ぼくの人生はインターネットで変わった

先日、このブログでちらっとお知らせしていた
海外音楽イベントへの出演の件ですが
最終的に交渉がうまくまとまらず、今回は見送りとなりました。

ライブうんぬんよりも、オーストラリアに無償で行けるということが
魅力的だったので、ちょっと残念。
後押ししてくれた皆さん、興味を持ってくれた皆さん
残念な報告となってしまってごめんなさい。

しかしながら、エキサイトの自動翻訳システムはすごい。
英語ダメダメなぼくは、100%エキサイト頼りで
外国人の方と、つたないやり取りをしてきました。

思えば約10年前・・・
まだ、インターネット接続が電話回線だったころ。

覚えたての技術で作ったホームページに自分の音楽を掲載し
アメリカやヨーロッパのレコードレーベルに
売り込みメールを送った結果、CDを出すことができたという体験によって
ぼくはインターネットの可能性、素晴らしさに感動し
インターネットに関する仕事がしたい!と強く思ったわけです。

あのときの気持ちを、今回、少し思い出すことができました。

交渉はまとまらなかったけど、わざわざ英語もできない日本人のぼくに
メールをくれたJeremiahとEsteeに感謝。

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

ブレインストーミング

昨晩は、とあるチームのみなさんと焼き鳥を食べつつ
ブレインストーミングで遊びました。

お題は「とほほビジネス」ということで
儲かる儲からないとか、実現できるできないとか関係なしに
とほほなアイデアをひたすら繰り出すという
それは大変たのしいひとときでした。

ところが、そんな「とほほ」の中から
ダイヤの原石のようなアイデアが飛び出してしまって
(それがダイヤに見えたのは、お酒の力かどうかは置いといて)
とほほ会議のパワーを、まざまざと見せ付ける格好となりました。

カテゴリー: 日常のこと 2件のコメント

社長TVの取材現場

最近連続で当ブログにご登場いただいている
フィックスポン川口さん。

福岡の社長TVの取材を受けるということで
動画撮影に興味深々なぼくは、同席させてもらいました。

いやー、さすがよく喋れるなあ。
きっとぼくは、カメラを向けられたらテンパって
うまくしゃべれない自信があります。

川口さんの「チーズ好きエピソード」から「FIXPON誕生秘話」まで
内容はテンコ盛り。公開が楽しみですね。

FIXPON川口氏の取材風景

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

続けることの素晴らしさと難しさ

いま作業の合間をぬって、企画書づくりに励んでます。
その会社はとても歴史のある会社で、
これだけの年数続いているということ自体が
もう大変にすばらしいな、と思うわけです。

長い間走り続けてると
あれ?おれいったい何のために走ってるんだろう?
みたいな、気の迷いもきっと出てくるはずだから
それでもずっと走り続けられることは
やっぱりどう考えても、すごいことだと思う。

ぼくのこのブログなんて、まだまだ1年も経ってないから
言ってみれば赤ん坊なわけですが。

これが10年続けば、ちょっとした価値が出てくるだろうし
続けることで見えてくることもあるんだろう。

そして「気持ちの持続」も難しいもんなあ。
初心忘れべからず・・・っていうけど、すぐ初心忘れてしまいます。
これは仕事でも、プライベートでも。

あーいかんいかん、と思って取り戻すけど
またすぐに忘れる。その繰り返しです。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

フィックスポンとパスポート

今日は朝からクラッカー川人氏(写真右)と
フィックスポンジャパンの川口氏(写真左)との3者会談。
って、ぼくはそこに居ただけですが。

クラッカー川人氏とFIXPON JAPANの川口さん


写真のテーブルの上にたくさんあるのが
フィックスポンという、新しいポケットチーフ。
詳しくは楽天ページをご覧ください。ちなみにぼくも愛用してます。

川人氏も気に入ってその場で即購入。
宣伝隊長にも任命されました。

その後はパスポートの更新手続きへ。
来月の海外フェス出演の話を、前向きに交渉中なのです。

そしたらばったり橋口さんに会いましたー。
前職でお世話になった橋口さん。不動産業界屈指のお洒落な方で
ぼくは橋口さんの雰囲気・佇まいが好きなんです。仕事もばりばりです。

実は住まいがご近所なので。
今度は、もよりのスーパーマーケットHで
お会いできるのを楽しみにしています。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP