小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2011年4月の記事

シーバス釣りと有刺鉄線




昨晩はイットジャパンの吉富社長に誘ってもらって
人生で2回目となるシーバス釣りに行ってきました。

吉富さんは多くのシーバスを釣ってきた猛者で、
まだ釣ったことないぼくに「絶対釣らせてやる」と
とっておきのポイントをいくつか案内してくれます。

事件は2つめのポイントでおきました。

海の右側に有刺鉄線つきのフェンスがあって
そっちにひっかけるなよ、と忠告されたぼくは
期待どおり1投目でひっかけてしまいます。

すると、吉富さんがトゲトゲをものともせず
ぼくのルアーを回収するために
何度も何度もフェンスに飛びかかります。
おそれを知らない子供なみの勇敢さです。




申し訳ない気持ちと、ありがたい気持ちで
いっぱいなのですが、フェンスにアタックする姿を見て
何故だか笑いがとまらなかったという。

見事にルアーを回収してくれて喜んでたら
警備員がやってきて真顔で怒られました。
目がすわっていてこわかった。

オトナになって怒られるのも悪くないね、と言う吉富さん。
男前です。ありがとうございました。
あ、結局ぼくは釣れませんでした(定番)。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

大正亭でランチ




今日は集客コンサルタントの板木さん(写真右)と
ニュースタのサトちゃんとで、大正亭でランチでした。

板木さんとは、先日のセミナーで初対面だったんですが
フィックスポン川口さんのブログ
たびたび登場しているのを見てたので
ずっと前から知ってるような感じでした。

これがブログのパワーなんですね。
もちろん、板木さんのお人柄のせいでもありますが。
今後ともよろしくお願いします。

そしてさすがは大正亭。
あっという間に満席状態で、待ちが出るほど。




食べ終えた我々は、あつかましく
フィックスポンさんの新事務所にあがりこみ
川口さんのお弁当タイムを邪魔します。
写真奥がニュースタンダートのサトちゃん。




我々のためにカルピスを作ってくれる阿部さん。
カルピス製造中の姿もキマってます。さすがです。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

就活プロデュースのWEBサイトOPEN!




ハラプロが制作をさせていただいた
就活プロデュースのWEBサイトがOPENしました。

http://www.shu-pro.jp

学生の就職活動を支援する専門塾で
経験豊富な講師の方々がサポートしてくれます。
まずは大阪校からのスタートですが
いずれ福岡でも開校予定です。

デザインは情熱の赤。

就職をめざす学生たちの情熱と
それを応援する講師たちの情熱を「赤」で表現し
インパクトのある、記憶に残るサイトデザインを目指しました。

ホームページのOPENにあわせて
就プロのツイッターもスタートしています。

清水さん、野村さん、澤田さん
どうもありがとうございました!

カテゴリー: ホームページ制作 コメントをどうぞ

ファミコンの思い出




昨日のブログで紹介したゼルダを聴いていると
ファミコンに夢中だった子供時代を思い出しました。

ぼくがいちばん最初に買ってもらったゲームは
ジャレコの「フォーメーションZ」です。

当時は、おもちゃ屋のショーケース越しに見える
パッケージだけを頼りにゲームを選んでいたから
「聖飢魔2」などという、救いようのないクソゲーをつかまされて
まさに世紀末な気分を味わったこともありました。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ゼルダの伝説のオーケストラ



チャチい電子音でも泣けてしまうという
ゲーム音楽の最高傑作「ゼルダの伝説」のメロディーが
豪華オーケストラで演奏されてしまうという
反則すれすれの、すばらしい動画です。

なんでゼルダはこんなにも心に響くんだろうか。

冒険したくても冒険できない、弱虫やろうのハートを刺激するんですね。
これ、外国人が熱っぽく演奏してるところがまた良いんだよなあ。

「時のオカリナ」の、ゆったりした流れからぐいっと転調して、
あの国民的メロディーが鳴りはじめる1:26秒のところでは、
興奮して叫びだしたい衝動にかられます。

いまでは全然ゲームとかしなくなったので
最近がどういう感じなのかわかりませんが
昔のゲーム界からは、たくさん名曲が生まれてましたよね。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

アイスを食べ終えたら歯ブラシが出る




甘いもの食べたらちゃんと歯磨きしようね
っていう、この広告はすばらしいなあ。

食べ終えたアイスにこんな仕掛けがあったら
楽しくなって絶対この会社を覚えます。

たしか、飲み終えた紙パックをたたんだら
「ちゃんとたたんでくれてありがとう」という
メッセージが現れるジュースがあったような。
野菜生活だったかな?そういうのって良いよね。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

フィックスポンパーティー




いつもお世話になっている
ポケットチーフの革命児・川口さん率いる
フィックスポン株式会社の記念パーティーに出席しました。

主催は、福岡のロゴマークデザインの第1人者
デザイングレイスの根本さん。
根本さん渾身のあいさつ風景を撮ったはいいけど
逆光で誰だかわからない写真になってしまった。

会場はGOLDという名の、ゴージャス空間。
ぼくのために用意されたようなステージです。うそです。

知り合いの方々をはじめ、いろんな方が出席されていて
楽しい時間をすごさせていただきました。
川口さん、阿部さん
あらためて事務所移転おめでとうございます。

最後にオマケ写真として
人の事務所で、ふんぞり返る川人さんを掲載しておきます。
なんともいえない表情をしています。


カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

関西No.1のカリスマホスト

エクサイトの山口さんが主催する
笑売繁盛セミナーに参加してきました。

今回の講師は、関西No.1のカリスマホストで
本の執筆や講演など、幅広い活動をしている井上敬一さんと
セミナーの仕掛け人として君臨する
山口さんの奥様、よしみさんのお二人でした。

今回もたのしく、心に響く言葉がいくつもありました。
「ちゃんと伝える大切さ」を改めて教えてもらったし
「死ぬ準備をして生きる」すなわち
いつ死が訪れても後悔しないよう毎日懸命に生きる
という教えから、ぼくはあるひとつのことを決意しました。

そして、ホストという職業の方に対するイメージも変わりました。

よしみさんの「人生落ちたときが転機」という言葉にも
大事なことを学ばせてもらったし
人と出会うことのすばらしさも、教えていただきました。
ありがとうございました。

井上さんと記念にパチリ。
よーく見ると、井上さんの右手があやしい。さすがだ。
そして並ぶと、ぼくの青白さが引き立っております。




■カリスマホスト井上敬一さん
http://inouekeiichi.net/profile.php

■セミナーの達人よしみさん
http://ameblo.jp/ex-site/

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

検索エンジン対策なんて必要ない

検索エンジンのことを考慮する必要がない
という意味ではありません。

ぼくが言いたいのは、過剰にSEOを意識することなく
手抜きをせずに、ちゃんとしたホームページさえ作れば
巷にあふれる小手先の対策なんか不要だということです。

ちゃんと知識のある人がホームページを作れば
いちいちSEOという特別な意識をしなくても
やって当たり前というスタンスで
最低限の対策が自然とできているものです。

そして、ちゃんとしたホームページを作った後は
どれだけ良質な情報を更新し続けることができるか。
そして、どれだけ多くのホームページから
リンクを貼ってもらえるか。これが重要です。

本質を忘れて、小手先のテクニックでちまちまやっても
効果は一時的なものに過ぎず、優れたホームページには
いつまでたっても成れません。

良質なコンテンツを提供し続けて
ファン (ブックマークやリンク) を増やしていく。
とても大変なことですが、一番大事なことです。

今では、多くの人がブログをやっていて
さらには、mixiやツイッター
そしてフェイスブックなどをやっています。

情報を発信する人が増えたことで
優れたコンテンツは広まりやすくなっています。
そしてソーシャルメディアが成熟すればするほど
検索エンジンという「機械的なランク付け」から
「人間による選定・ランク付け」へと、シフトしていきます。

そうなればますます、良質なホームページだけが
生き残っていくことになりますね。

インチキすれすれのテクニックで
検索エンジンの順位向上にお金をかけてる人がいれば
そんなものは今すぐやめて、手間暇かけた情報更新に力を注ぎ
ソーシャルメディアへの対応をやりましょう。

即効性のある集客が必要な場合は
キーワード広告にじっくり取り組みましょう。

カテゴリー: ホームページ制作 コメントをどうぞ

早乙女太一の剣舞がかっこよすぎる




ホンモノの女性より綺麗じゃないか!と話題になった
早乙女太一くんが、トリッキーに動きまわる映像と
見事にシンクロした殺陣をくりひろげる動画です。
かっこいいわー。

影が人型に姿をかえてからのBGMが
なぜか安っぽいのが、ちょっと残念。

デザインに携わる人なら、チェックしているであろう
坂井直樹先生のブログでも取り上げられていました。
You Tubeのコメント欄では、外国人がたくさん褒めてます(多分)。

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP