小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

実家に帰る。祖母に会う。

今日は朝から実家にいき、親戚に頂いたという大間のマグロを、
生まれてはじめて食べました。

ひとしきり実家のアイドル犬、ジャムと遊んだあとは、
田川郡の祖母のもとへ。無人駅のたたずまいっていいですよね。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

作業中のBGM

自宅でPC作業をしている時は、ゆるい音楽を聴いてます。
最近では、BECKがカルビンジョンソンと作った
ローファイフォークアルバム「ONE FOOT IN THE GRAVE」や、
SILVER JEWSの「AMERICAN WATER」をよく流す。

SILVER JEWSについてはよく知らないけど、
このアルバムにはPAVEMENTのスティーブマルクマス先生も参加していて、
かなり良いアルバムです。音数の少ない、
男らしいローファイ音楽。脱力ジャケットもいい感じ。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

スバラシーエム

何度見てもスバラシイ、テレビでは実現できない
ネットならではの、すばらしい動画CM

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

ジミ ヘンドリックス

最近、車の中でよくジミヘンを聴きます。
これまでいろんな音楽を聴いてきたうえで、
ジミヘンを聴きなおすと、すごさが改めてわかる。

単純にギターの音、異様にかっこいいし。
リトルウイングのイントロギターとか、
何であんなものが人間によって創れてしまったのか、わからないくらい素晴らしい。

ぼくがよく聴くアルバム「Radio One」に収録されている
「Drivin’ South」という曲は、約5分ほどの間、
延々とジミヘンのギターソロが続くナンバーで、ここでのギタープレイは圧巻です。

荒いのに繊細で、とことんエモーショナル。
ギター1本で異常な分厚さを出していて、最初から最後まで、
まったく飽きずに聴くことができる最高のハイテンション・インストゥルメンタルナンバー。
ジミヘン聴いた後だと、どのアーティストも小粒に思えてしまいます。
ミッチ・ミッチェルのドラムも好きだなあ。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

2010年の始まりと共に

新たな一年のはじまりとともに
ぼくの人生も新たな局面をむかえました。

ささやかで、誇り高い、当たり前の日常を生きながら
これから進んでいく人生の記録として
新たなブログを、ここにはじめたいと思います。

2010年 元旦

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ
Top...10...206207208

PAGE
TOP