小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

男子モーグル結晶

男子のモーグルは速い。
横からのカメラで見ると、異常なスピードで降りている。

7位入賞の遠藤選手は高く跳んでかっこよかった。
とにかく選手だれもが、スタート直前に見せる
真剣なまなざしはかっこよい。

しかしモーグルはもっと観たかったな。
みんなわずか20~30秒のために
4年間死ぬほど努力してきたことを思うと、
命がけで駆け下りる姿が、余計にかっこよく見える。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

女子モーグル決勝

上村選手はまたもメダルに届かなかった。悔しいだろうな。
しかしモーグルの滑りってかっこいいし独特の雰囲気と緊張感があって感動します。
金メダルのアメリカ人がゴールしたところ、本当にかっこよかった。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

自らの体験をもってつくるコンテンツ

マッサージチェアを満喫する原田


現在、某ビジネスホテルのホームページをつくってます。
その社長に食事に連れていってもらい、
その後はホテルのことを知ってもらいたいという意向により、
宿泊までさせていただきました。

お世辞抜きですばらしいホテルだったなー。
写真はロビー備え付けのマッサージ機を堪能するぼく。

一夜明けて今日は、ホテルへの
アクセスマップづくりのために、
周辺をIさんと歩き回りました。

自らの体験をもってつくるコンテンツは、
必ず机上コンテンツを上回る。のだ!

カテゴリー: ホームページ制作, 仕事のこと コメントをどうぞ

Google バズ

Googleがツイッター風サービスをはじめました。
ぼくはWEBの仕事をしていながら、
ツイッターの良さをまだ理解してません。
アカウントあるけど全然活用してないし。

ある日、勝間和代さんをフォローしたところ、
あの人がつぶやきまくってぼくの画面が
勝間一色になってゲンナリした思い出があります。
カツマーは嫌いです。

ということで、Googleがツイッター的サービスを
はじめてしまうことに、なんか気持ちわるさを
感じながら今日はもう寝よう。

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

自分の目指すところ

映画「もののけ姫」をまた観ました。
DVD買ってからもう5回は観たな。

テーマが重いとか説教くさいとか批判する人がいるけど、
そういうのはどうでもよくて、
ただただ絵と構図の美しさと、
壮大なストーリーがすばらしいです。

アシタカが呪いを受けて村を出ていく。
そして朝日をバックにヤックルにまたがって
駆けていくシーンが一番好きです。

最近、自分がどういう方向に進みたいのか・・・
何を目標として生きていくのか・・・
それが少しづつ明確になっていると感じます。

早い話が、宮崎駿さんみたいになりたい。
それは別にアニメや映画をやりたいんじゃなくて、
彼のような大御所ポジションになっても、
いまだ自分の「手」を動かして
作業をしている姿にあこがれるのです。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

酣(タケナワ)とTSUZUMIN

昨日は友人がやっている居酒屋「酣」で飲みました。
ハラプロの命名を一緒に考えてくれた友人・
佐藤氏から教えてもらったアプリ「TSUZUMIN」で、
太鼓を打ちまくりました。このアプリ最高です。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

わかりやすいホームページ用語集

わかりやすいホームページ用語集を追加しました。
すべて自分の解釈で、自分の言葉で書いた用語集です。
といってもまだ少ないけど。
これから地道にすこしづつ追加していく予定です。

カテゴリー: ホームページ制作 コメントをどうぞ

朝昇龍の引退

朝昇龍が引退しましたね。
彼には彼なりの信念があったのでしょうが、
やはり横綱としてふさわしくない行動を
何度もとり続けた結果だから仕方ないかなと思います。

相撲界のことを考えると、朝昇龍は強くてヒール役としては
文句なしのキャラクターなので、日本人の横綱が誕生して
朝昇龍としのぎを削るという展開が理想だったんだけどなあ。

これまた最近世間を騒がせた
平成の大横綱・貴乃花との一番がこれ。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

鳥山明 Drスランプ時代のイラスト

鳥山明がアラレちゃん時代に描いた絵をネットで見つけました。
アートですね。すごい画力だなあ。
ドラゴンボールも初期のころはほんとに良かった。

鳥山明のイラスト

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

チャレンジ25

チームマイナス6%からの次なるプロジェクトであるチャレンジ25。
日本が表明した温室効果ガス25%削減目標に向けた、
この温暖化防止活動にharaproも参加表明しました。

世の中の「なんでもかんでもエコ万歳」な風潮には、
時折疑問を感じることもあるけれど、
やっぱり自分自身が心のどこかで意識しておくことは大事だと思い、
参加させてもらいました。

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP