小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

誕生日というもの

過去の出来事を振り返ると、
もうそんなに前のことだったっけ?という気持ちになります。

本日をもって、ぼくはまた1歳年をとりました。
まだ34年か・・・とも思うし、
もう34年もたったのか・・・とも思います。
数字だけ見るとなかなかオトナな年齢なので、
中身がそれに伴うよう、より一層精進したいと思います。

■写真で見る21世紀「最初の10年」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2673909/5022265

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

正解を知らないほうがいいこともある

何かを調べるとき、ほぼ100%に近い割合で検索エンジンを使う。
知らないことや買いたいもの、今度行くお店のことから
天気のこと、何でもネットで検索。それはとても便利です。

でも、こういうブログを書いたり、文章を書いたりするときに、
検索エンジンに頼るのはよくないなと思いました。

「あ、この言葉の意味は何だろう?」とか、
「あ、ぼくはこれについてこう書こうとしてるけど、
本当にこれでいいんだろうか?」
などの邪念がたまに発生して、
カチャカチャと検索をする自分に気が付きまして。

自分の考えや想い、自分の解釈というものを、
そっくりそのまま勇気をもって
迷わず発信していったほうがいいな、と感じたわけです。
たとえそこに間違いが含まれていても、それでいいんだと思います。
だから、このブログに間違いがあっても
見逃してくださいということです。

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

マイナーチェンジ中

ホームページをとことんシンプルに
マイナーチェンジ中です。

全然関係ないけど、子供のときに
インスタントラーメンを食べていて、
汁まで全部飲み干したら、母から
「そんな体に悪いもんを全部飲みなさんな」としかられた。

その後、インスタントラーメンに生卵を入れて食べていて、
汁を飲まずにいたら、母から
「あんた卵がもったいないけん、全部飲みなさい」
としかられて、混乱した。

今でも卵を使ったときは、
全部飲み干している。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

穴を開ける道具

以前にこのブログで、ホッチキスを自慢したことがあったけど、
なんだか今は普通に文房具がカッコ良くなっている。
文房具界に何があったのか。

穴を開けるやつを適当に買ったら、ちゃっかりカッコ良かった。
普通じゃないかと言われたらそれまでですが、普通だけど、かっこいい。

書類に穴を開けるやつ

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ひとのつながり

いつのまにかパルコのオープンが近づいていた。
周辺が明るくなった感じですね。

今日はひさしぶりに徒歩移動が多く、なかなかいい運動になったなあ。
とてもお世話になった方々から連絡をいただいたりして、
人のありがたさ、人のつながりの大切さを、実感する毎日です。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

納品

やったーー。
(アジアカップのバーレーン戦で、
中澤が同点ゴールを決めて興奮したセルジオ越後風に)

予定通り、本日とあるホームページを納品!
無事にリニューアルOPENとなりました。
とてもよいホームページに仕上がって、納得の出来です。
お客様に喜んでいただけたことが何よりです。

カテゴリー: ホームページ制作, 仕事のこと コメントをどうぞ

楽しくたって、仕事はできる。

と、糸井重里さんが言っています。

「僕は実は昔より今のほうが働いています。
それは楽しくて仕方がないから。
働くことは大変だとか、仕事をナメちゃいけないとか、
生きていくためにお金を稼がなきゃいけないとか言う人が
僕の周りにもたくさんいたけれど、僕はそうは思いません。」

と、糸井重里さんが言っています。

「働くことは、やっぱり楽しい。大変なことも
難しいことももちろんあるけれど、それでも面白い。
それが今、一番伝えたいメッセージなのです」

と、糸井重里さんが言っています。

http://kigyoka.com/kigyoka/public/article/article.jsp?id=2204

ぼくもそうでありたい。
昔より近づいてはいるけど。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

Jon Spencer Blues Explosion

休みがとれずに働きっぱなしだけど、
それはありがたいことでもあるのです。
疲れたらジョンスペの動画で元気を出す。

突き抜けていて、かっこよくて、
テルミンがうなり出してからは
もう笑いが出るほどの最高のロック音楽。
何かしらの「作用」が働いているとは思うけど。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

岡野さんが語るモノづくり

独自の技術力で「痛くない注射針」を
作り出したことで有名な町工場の社長である
岡野さんをテレビで見た。岡野さんは言う。

大企業の分業制ではなく、
全部自分ひとりでやるから高度なモノづくりができる。
図面は描かずに職人の経験と勘をたよりにつくっていく。
図面がないっていうことは同じものを二度作れないが、それがいい。
お客さんから「岡野さんあの機械調子いいから、同じのつくって」
といわれても、おれはもう同じものは作りたくない。
答えがないから失敗だらけだけど、
失敗からしか生まれないものがあるんだ・・・と。

とてもとても、感銘をうけた。
さーもうひと仕事やろう。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

色のマジック

とあるデザインをしていて、
フッターに敷いたグレーの濃度を10%程度薄めただけで、
画面全体の見栄えが劇的に良くなった。
色はこわいけど、おもしろい。

カテゴリー: ホームページ制作 コメントをどうぞ

PAGE
TOP