ページの先頭です
ホームページ制作のハラプロ
  • HOME
  • プロフィール
  • ホームページ制作実績
  • お任せください
  • 料金について
  • 制作の流れ
  • よくある質問
  • ブログ(毎日更新中)
  • コラム
  • お問い合わせ

コラム

商品やサービスをあれこれ詰め込んだホームページはダメ

コラムの一覧に戻る

ホームページをつくりはじめるとついつい欲が出て、あれもこれもと内容を詰め込みすぎてしまいます。どの会社やお店も、アピールしたい商品やサービスはひとつだけではなく、いくつもあるから当然どれも同じようにアピールしたい。

その結果、トップページはひどくごちゃごちゃしたものになり、いったいこの会社は何を売りたいのか?何が強みなのか?さっぱりわからないホームページになってしまうことがあります。

現在、インターネット上はものすごい情報量で溢れかえっています。ユーザーは自分に必要な情報を探して選定することに必死です。そんな中で見つけた、とあるホームページ。とりたてて特徴もなく、様々なサービスや商品がごちゃごちゃと並べられている。これでは間違いなく、3秒ルールに従ってさっさと別のホームページに移動するでしょう。

なんでもかんでもは楽天やamazonなどの大手や、有名どころのホームページに任せておけばよいのです。中小企業がインターネット上で勝負するためには、取りあつかう情報や商品、サービスを絞り込むことが重要です。百貨店やスーパーではなく、専門店を目指す。

ポイントは特化すること。

もはや一般的な手法となりましたが、たとえば不動産業の場合、ひとつのホームページに「売買」「賃貸」「管理」「資産形成」などとすべての内容を放り込むのではなく、売買なら売買専用ホームページ、賃貸なら賃貸専用ホームページと、サービス別にホームページを立ち上げると効果的です。

そこから更に絞り込んでもいいのではないでしょうか。賃貸なら「ペット可物件のみを扱うホームページ」とか、売買でも「築20年以上の一戸建てのみを集めたホームページ」とか。

そんなことしたら、対象となるユーザーが少なすぎてアクセス数が稼げないだろう!と思うかもしれません。それはまったくの間違いです。むしろ逆です。なぜなら、ホームページを特化させることは、最も効果的な検索エンジン対策となるからです。

きちんとしたコンセプトのもと狙いを定めて特化したホームページは、検索エンジンで非常に高い表示順位を実現させます。ただここで誤解してほしくないのですが、検索エンジン対策のために特化させることは正しいとは言えません。検索エンジンでの上位表示が、ホームページの目的となってはいけないからです。

また、地域を限定させることも効果的です。「今泉周辺のことならお任せください!」「福岡市城南区専門!地域を知り尽くしたスタッフがご案内いたします」など、エリアを絞った情報提供やアピールをすると、その情報を捜し求めていたユーザーは「見つけた!」と喜び、あなたのホームページをくまなく閲覧してくれるでしょう。

もちろん、必ず特化させないといけないわけではありません。場合によっては総合的に情報を配置し、提供するほうが望ましいケースもあります。

でも、このだだっ広いインターネットの中から気まぐれなユーザーに選んでもらうためには、ホームページの内容を絞り込んで特化させることが効果的なのは間違いないでしょう。

ハラプロ代表:フリーランスWEBデザイナー原田大輔

ハラプロ代表 原田 大輔( Daisuke Harada )

デジタルハリウッド福岡校にて、ホームページ制作について学んだ後に、福岡市にある某ホームページ制作会社にWEBデザイナーとして入社。数多くのホームページの企画、制作、運営サポートを手がけ、セミナー講師などもこなしつつ、2009年の末に退職。自身が理想とするホームページ制作サービスを追求すべく、ハラプロによる活動を開始しました。モットーは「わかりやすく誠実に」。お客さまとのコミュニケーションを大切にしながら、自己満足ではない「ちゃんと伝わるホームページづくり」をおこなっています。

コラムの一覧に戻る
ホームページ制作依頼・お問い合わせはこちら
ページの先頭へ戻る