小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

ホームページ上のウソは見破られる

ホームページ上のウソは見破られる

インターネットは相手の顔が見えないので、ホームページ上で簡単にウソをつくことができます。実際の会社よりも大きく見せたり、実際の商品よりも綺麗に見せたり、実際のサービスよりも上質に見せたり。

しかしインターネットユーザーは、ちゃんとウソを見破ります。いろいろなホームページを見て情報収集しています。ウソ(もしくはウソっぽさ)にうんざりしています。だから、正直なホームページを見つけるとうれしくなります。うれしくなって、その会社のファンになる。そのお店のファンになる。

見栄をはらず背伸びもせず、日々真剣に業務に取り組み、お客さまにサービスを提供する。そんな会社の姿が、社長の姿が、スタッフの姿が、サービスの姿が、正直に映し出されているホームページこそが、良いホームページなんだとぼくは考えます。

ということは、やはり実際の「人」や「サービス」が良くないと、どれだけホームページにお金をかけても、効果を得るのは難しいということですね。

正しい検索エンジン対策とは?

正しい検索エンジン対策とは?

ぼくが考える正しいSEOとは「まじめにホームページを運営すること」。ただそれだけです。とてもシンプル。だってGoogleがやろうとしていることは、上位表示のためのテクニックを駆使したWEBサイトを、まんまと上位表示させることではありません。

Googleは、ユーザーが欲しい情報、それも質の高い情報を的確に届けるという精度を、日々高めています。ならば我々はそれに応えるべく、まじめに情報の質を高めていくしかない。

要は、質の高いページをつくったり、情報を改善したり、ブログを更新したり、お知らせを更新したり、アクセスログのデータやユーザーの声をもとに改良したり、そんなまじめなホームページ運営作業こそがSEOなのです。

それなのに、いまだにホームページ制作業者にSEOのためと言われて毎月お金を支払い、実際は何をやってるのかわからないという話を聞きます。それっておかしな話ですよね。だって、先ほど述べたような運営作業には、クライアントの協力がぜったい必要なはずで、業者が勝手に裏でガチャガチャやって、実現できることではないはずです。

コードを正しく書くとか、metaタグがどうとか、キーワードがどうとか、そういう業者にできる技術的な部分については、基本的にホームページ制作時にクリアすべきことで、その後永遠と作業が必要なわけではありません。ユーザーが求めていること。検索エンジンが目指していること。その本質に目を向ければ、答えはとてもシンプルなのだ。

プレゼンテーションが好きじゃない

プレゼンテーションが好きじゃない

昔、制作会社に所属していた駆け出しのころの自分は、プレゼンとなるとものすごく肩にチカラが入って、いかに自分たちの考えた企画がすばらしいかを、うわーと一方的に伝えて「どやっ!」ってな具合でした。

しかしそれを繰り返すうちに、あれ??なんか相手を説得するための方法をあれこれ考えて本番では饒舌に語り、YESかNOかを問うって、相手のことより自分のことが優先になっていないだろうか?と、疑問に思うようになりました。

もしも逆に自分がプレゼンされる立場だったら、上から目線で「こうこうこうだからこうなんです(どやっ!)」って饒舌に語られても、正直あんまり頭に入ってこないなーとも思いまして。

それからプレゼンテーションをする時は、相手を説得するというよりも「ぼくはこう思うんだけどどうですか?」と、相談するスタンスで臨むようになりました。そして、その場で参加者の方と「ああだこうだ」と、ディスカッションがはじまるのが一番だと考えています。そのほうが大抵うまくいくんですよね。

ホームページ制作会社はホームページをつくるプロだけど、お客さんの商品やサービスのことは、お客さん自身が一番よく知っている。だから良いホームページにするための答えは、お客さん自身がすでに持っています。ぼくたちはそれを引き出すお手伝いをすればいい。そう思っています。

ホームページなんて誰でも作れる?

ホームページなんて誰でも簡単に作れる?

「ホームページなんて簡単に作れる」「作ろうと思えばだれにでも作れる」たまにそういう声を聞くことがあります。技術的な情報はインターネット上に落ちていて、親切な書籍は豊富にあり、ソフトウェアも発達しているので、ある意味では正しいかもしれません。

しかしそれは、カレーライスやトンカツをぼくでも作れるというのと同じ話で、専門店の味や優れた料理人がつくったそれとは、やはり絶対的な差があるでしょう。そしてその料理を商売として成立させるノウハウは、だれもが持っているわけではありませんよね。

ホームページはモニターに映し出されている見た目がすべてではありません。見た目を支えている「HTML」というプログラム言語。これをどれだけ正しくきちんと書いているかが、表示速度や使い勝手、検索エンジンでの表示順位などに影響します。

また、ユーザーに響くものをつくるには、経験とノウハウが必要です。多くの情報を整理し、わかりやすく伝えるための情報デザイン能力も重要です。文章力も求められます。

ホームページはだれにでも作れる。でも本物をつくれる人は、やはり本物だけなのです。

インターネット活用は面倒くさい

インターネット活用は面倒くさい

料理道具などの日用品を販売する貝印さんは「カイタッチプロジェクト」というユニークな取り組みをおこなっています。

それは、自社の製品についてブログで語ってくれている人を探し出して、貝印のスタッフ自らがブログにお礼のコメントを書き残していくというもの。お礼を書き込まれたブロガーはみな驚き、喜んでいるそうです。

これはとても地道な作業だけど、すばらしい発想だと思います。自社のホームページに「来てもらう」ことを前提に、あれこれとモノを考えてきた企業にとって、このカイタッチプロジェクトは目からウロコ。今後のネット活用の、大きなヒントになるのではないでしょうか。

そもそもインターネット活用というのは面倒くさいものです。もちろん、うまく活用すれば業務の効率化が実現できるけど、手軽に集客ができて簡単にモノが売れるというのは幻想で、実際には貝印さんのように面倒くさいことをしないとダメなんですよね。

いいデザインってなんだろう?

いいデザインってなんだろう?

いろんなホームページを見ていると、まだまだ「あららー」と思うような残念なデザインのホームページは多い。しかし。しかししかししかし。もしかしたら、その企業やお店はそれで十分なのかもしれません。ちゃんとデザインされて洗練された、いわゆる「優等生ホームページ」である必要がないのかもしれません。

この流れで具体例として出すのは失礼かもしれませんが、良い例としてひとつ。テレビでも取り上げられたことで有名な、こだわりのタマゴを販売しているホームページです。

http://www.niwatorinoniwa.com

デザインは正直、優等生ではありません。でも、これで良いんです。このほうが一生懸命まじめに卵をつくっている生産者が、がんばってホームページを運営していることが伝わるんです。

ぼくたちデザイナーは、ついつい優等生デザインを作りたがる。それがハマるケースならいいけど、もしかしたら「ホームページなんて持たないほうがいい」というのが正解なケースだって、あるのかもしれませんよ。

やっぱり最後は「人」なのだ

結局のところ最後は「人」なのだ

2010年に800億円でアマゾンに買収されたザッポスという靴のネット販売企業をご存知ですか?ザッポスは、顧客を感動させる数々の逸話を残していることで有名です。

ある女性ユーザーが母親へのプレゼント用にザッポスで靴を購入しました。しかし数日後、その母親が亡くなってしまいます。死後のバタバタで靴を返品し損ねていた女性は、しばらく経ってからザッポスに電話をかけて理由を説明しました。

ザッポスは「集荷サービスを送るからご心配なく」と回答し、さらにはお悔やみの花束とメッセージまでもがその女性に届けられたのです。女性は感激し、ザッポスの対応をブログに書き込みました。そしてこのエピソードは瞬く間にネット上で拡散されました。これは電話を受けたカスタマーセンターのスタッフが自ら考え、自らの判断でおこなったことだそうです。

ぼくが最近よく思うのは、これだけインターネット上に情報が溢れ、便利な機能やサービスが当たり前になった今、みんなが求めているのは感動体験なんだ、と。そして、どれだけテクノロジーが進歩しても、やっぱり最後は「人」なんだ、ということです。

PAGE
TOP