ページの先頭です
ホームページ制作のハラプロ
  • HOME
  • プロフィール
  • ホームページ制作実績
  • お任せください
  • 料金について
  • 制作の流れ
  • よくある質問
  • ブログ(毎日更新中)
  • コラム
  • お問い合わせ

驚異の集中力を発揮しました

打ち合わせに向かう車の中で、
プロジェクトXのあの曲を流すと、
まるでとんでもないビッグプロジェクトに
立ち向かっていくような、
そんな気持ちになれることは有名です。

そして作業中に「やるぞー」と、
自分を奮い立たせるときには、
スライ&ザ・ファミリー・ストーンの
Underdogが極めて有効です。

ぼくは今日これを繰り返し聴きながら、
驚異の集中力を発揮して、
ページをガシガシ制作しておりました。


カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

スタミナ不足

連休明けということもあって、
午前中はたくさんのメール対応、
そして更新作業などをハードにこなし、
キン肉マンの更新も抜かりなくチェック。

お昼ごはんの時間になる頃には、
早くもパワー不足に陥っていました。

スタミナが、ないとです。

「おらに元気をくれ!」ということで、
里帰り中の妻が送ってくれる、
子の動画を見てパワーを充電し、
なんとか午後も乗り切りました。

カープが2連覇を果たして、
妻は喜んでいることでしょう。
ホークスとカープの日本シリーズ、
実現するといいですねー。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

小さな巨人・中島翔哉

柴崎選手のバルセロナ相手の
スーパーゴールはすごかったー。
動画を何十回もみました。

それに続き、ポルトガルでの
中島翔哉選手の活躍ですよ。

リオオリンピックの頃から、
小さな身体でピッチを走り回って、
いい選手だなーと思っていましたが、
しばらくJリーグでくすぶっていたようです。

そんな中島選手が海外で活躍しはじめて、
ぼくはとてもうれしいです。

ライン際でプレッシャーを受けて、
他の日本人選手なら絶対バックパスを
してしまうような場面でも、
彼は果敢に前を向いてドリブルします。
そんな姿勢がたまりません。

中島選手がゴール前でボールを持つと、
決めてくれそうな雰囲気があります。
前にもそういう雰囲気を持った選手がいました。
かつての中村俊輔選手です。
プレースタイルは、ぜんぜん違いますけどね。

和製ダビド・シルバとして、
ぜひ代表に呼んでほしい選手です。
プレーに華があるし、心も強そうだから、
ワールドカップで強烈なインパクトを
残す可能性、あると思います。

カテゴリー: 未分類 コメントをどうぞ

日曜日にゴッドファーザー

god

大型台風が来るかもしれないので、
ベランダの物干し竿や植物たちを
ぜんぶ部屋の中に入れて、
静かにゴッドファーザーを鑑賞しました。
パート1です。

ゴッドファーザーはやっぱり、
名作中の名作ですね。

このキング・オブ・ムービーを、
ぼくごときがあれこれ語る必要なんて
ないことぐらい知っていますが、
語らせてよー。興奮してるんですよ。

ぼくの父はあまり映画を積極的に
見るようなタイプじゃないのに、
なぜかゴッドファーザーは好きで、
実家に1から3までビデオがありました。

だからこの映画は繰り返し観てるんだけど、
それなのに久しぶりに見てぼくは、
興奮してるんですよ。

名シーンは挙げればキリがないというか、
(レストランでの暗殺の緊張感とか)
冒頭からずっと名シーンが続いて、
ラストシーンは本当にすばらしい。

あの、ドアがパタンと閉まる
ラストシーン。最高です。

もしぼくが映画監督だったら、
こんな完璧な映画を1本撮れたら、
もう死んでもいいと思えるかもしれません。
でも映画監督じゃないので、
ぼくは死にましぇん(武田鉄矢風に)。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

カナダのメイプルシロップ

canada

お客さまからカナダのお土産で、
メイプルシロップとメイプルバターを頂きました。
見たらわかります。絶対おいしいでしょ。

早速、あしたの朝、フレンチトーストに
つけて食べようと思います。
イメージは星乃珈琲のあれです。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

騎士団長殺し

kishidanchou

騎士団長殺しはおもしろかったです。

とつぜん妻に逃げられたり、
暗い穴の中にもぐったり、
感性の鋭い少女が出てきたり、
村上作品でおなじみの要素たちが
オールスターのように登場します。

そしてメンシキさんは、
グレートギャツビーですよね。

画家の主人公が絵を描くプロセスを
結構こまかく描写しているのが面白くて、
きっと村上さん自身が小説を書く行為は、
こういうことなんだろうなあと、
置き換えながら読んでいました。

昔からの村上主義者はたぶん、
ねじまき鳥までは好きで、
カフカあたりからなんか違うなあ・・・
というふうに感じてきたんじゃないでしょうか。
(ぼく的には「1Q84」はすごく好きでしたけど)

カフカ以降、主人公の「ぼく」が、
あの「ぼく」じゃなくなっていましたが、
騎士団長殺しでは、ひさしぶりに
あの「ぼく」が戻ってきた感じです。

村上さんはいつまで、
長編小説を書くんだろうか。
まだまだ新しい作品を読みたいので、
JDサリンジャーみたいに、
いきなり隠居とかしないことを願います。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

現代アートとルパン

art

ゆふの院やよい坂の撮影をおこないました。
カメラマンは黒川舎の黒川さんです。
撮影のときは基本すべて黒川さんにおまかせで、
ぼくはただ周りをふらふらと漂っています。

写真は、ゆふの院に設置された現代アートの絵を、
黒川さんが撮影しているところです。
サイズの大きい絵はやっぱり迫力があるなあ。

ちなみにタイトルの「ルパン」というのは、
黒川さんのことではありませんよ。
黒川さんにルパン的要素はありません。

撮影の合間の休憩時間に、
ふたりでふらっと入った喫茶店の名前が
ルパンだったのです。渋いでしょ。

rupan

しかし、いい歳したおじさんふたりで頼んだメニューは、
渋くもなんともないミルクコーヒーです。
(たしかメニュー名はアイスミルクだったかな)
これがまあ、絶品でございました。
思わぬ名店を発見してしまいました。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

オザワケンジ

ふとテレビをつけたら、音楽番組で
オザワケンジさんが歌っていました。
いつのまにか年を重ねていたんですね。
ユニークで、いい歌だったなあ。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

深夜2時に起きたのに

サウジ戦、ざんねん。
(ジョイマンのラップ調で)

サウジの後半から出てきてゴールを決めた選手、
とても速くて強くてゴリゴリ積極的で、
非常にこわい選手でしたね。
ああいう危険な香りをもつ選手が、
まだまだ日本には少ないように思います。

でもとにかく、ワールドカップ出場が決まって、
本当によかったよかった。
本大会でどんなメンバーになるのか、
さらに世代交代が進むのかどうか、楽しみです。

最終予選を振り返って最も重要なゴールは、
イラク戦のロスタイムで決めた、
山口選手のあのミドルシュートだったと思います。

このゴールのときも、ぼくは興奮して、
部屋の中をぐるぐる走りまわりました。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

生まれました!

私事で恐縮ですが
(というか、このブログのほとんどは私事なんですけども)、
このたび子供が生まれました。
とてもうれしいです。ちなみに男の子です。

もうそろそろかなあという頃に
ワールドカップ最終予選の大一番を控えていて、
その試合が終わるまで出てくるのは待っとってねー、
と冗談で言ってたらちゃんと待ってくれて、
そして無事に生まれてくれました。

より一層がんばらないといけないと、気を引き締めております!
と言いたいところなのですが、今はただただ、
うれしい気持ちに浸っています。

そして、女性はすごい。
妻に心からありがとうと言いたいです。

カテゴリー: 日常のこと 6件のコメント