ページの先頭です
ホームページ制作のハラプロ
  • HOME
  • プロフィール
  • ホームページ制作実績
  • お任せください
  • 料金について
  • 制作の流れ
  • よくある質問
  • ブログ(毎日更新中)
  • コラム
  • お問い合わせ

半袖ドライブ

munatai

日曜日は天気が良かったので、宗像方面へちょっとドライブしました。おそらく半袖で快適に過ごせるだろうと予想し、今年初の半袖で出動しましたが正解でした。自分の温度センスにシビれました。

特に目的地も決めず、ノーナビで景色をたのしみつつ、途中妻が作ってくれた弁当をたべて、道の駅でアイスもたべて、宗像大社でお参りをして、津屋崎の海沿いを走って帰りました。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ハイポー

先日ハンバーグが食べたくなって、レストラン・ハイポーに行ってきました。ログハウスのような造りのお店で、おいしいステーキとハンバーグが食べられます。

入店するとバイオリンとピアノの生演奏が!時々やってるそうなんですが、今回はじめて遭遇しました。なんか一気に贅沢なディナーとなりました。ハイポー。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

電話が苦手なぼくは江戸時代向きかもしれない

表題のとおり、ぼくは電話が苦手です。電話だと自分が真に伝えたいことがパッとうまく言葉にならず、電話を切ったあとで「あの言葉は誤解されたかもしれないなあ」と、ひとりでよく凹みます。

会って話すぶんには問題ないというか、お互いの表情とかその場の空気感を感じながら話せるので、電話のようにはなりません。メールも好きです。じっくりと考えながら、言葉を選びながら書けるので、瞬発力のないぼくに向いています。

しかし電話はなあ、いつまでたっても苦手だなあ。これは仕事に限らず、普段の生活においても電話は苦手なのです。子供のときから苦手だった気がします。

江戸時代は直接会って話すか、もしくは手紙を出すかのどちらかなので、きっとぼくにピッタリの時代だったろうと思います。江戸時代にネットはないけどね。

カテゴリー: 仕事のこと, 日常のこと コメントをどうぞ

BASE ON TOP

baseontop

ポールチェンバースの「BASE ON TOP」が、最近のお気に入りレコードです。ベーシストのリーダーアルバムらしく、ウッドベースを満喫できます。

1曲目、2曲目とひたすらベースソロが続いて、もういいやろって頃にやっとウォーキングベースがはじまる瞬間が気持ちいいです。それに乗るケニーバレルのギターの音もジャズだなあ。

チェンバースはまじめそうな顔してるくせに、ドラッグと酒に溺れて33歳で死にます。この時代のベーシストはチェンバースしかいなかったのか?って思うほど異常な数のレコーディングに参加しているので、その過労やプレッシャーから壊れていったのかもしれません。まじめなだけにね。ぼくもマジメなので気をつけなければ。

夜に仕事を終えたあと、レコードを聴きながらジャケットを描くのがマイブームです。

そういえば若宮らへんを車で走っていると、ジャズバー・レスターっていう誘導看板を発見しました。周りは田んぼと民家しかない見事な田舎風景で、あんなところに(って言ったら失礼ですが)本当にジャズバーがあるんだろうか?とても気になってます。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

世捨て人

27年一度も人と接触せずに森で暮らしていた人についての記事を見つけて、ひさしぶりにワクワクしながらネットニュースを読みました。

■27年一度も人と接触せず、ある森の「隠者」の真相
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/041100075/?P=1

27年だれとも会話せずたったひとりで暮らすって、とにかくすごい精神力だ。こういう人がいったいどんな考えを持っているのか、とても興味があります。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

デジタル時代だからこそ

いろいろなもののデジタル化が進めば進むほど、逆にアナログの価値が高まる気がしてなりません。

レコード人気が再燃したり、若い女子の間で「写ルンです」がブームになったり(写ルンですで撮れる写真にはなんともいえない味がある)、だんだんとみんなデジタルの味気なさに飽きてきた様子です。ぼくもそのひとりです。

今後はホームページに、もっとアナログの要素を取り入れていくことを推し進めていきたい。手で描く線画は以前からちょこちょこ取り入れてきたけど、もっと他にもアナログな手法を試していこう。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

wacomのバネつき替芯

pen

使っているペンタブレットはwacomのIntuos Proです。最近、バネのついている替芯をよく使います。描きづらいんだけど、そのせいで線に揺らぎが生まれて良い感じです。

この前本屋にいったら、平積みされてる騎士団長殺しの横にひっそりとたたずむ短編集「女のいない男たち」を見つけて、買いました。こんなの出てたのかあと思いながら読んでると、北海道のとある町から内容にクレームが出たというニュースを思い出しました。あのニュース、これだったのね。

カテゴリー: 仕事のこと, 本のこと コメントをどうぞ

生涯職人

bluna

ミッフィーの生みの親であり、グラフィックデザイナーとしても多くの人に影響を与えたディック・ブルーナさんが、生涯アシスタントを雇うことなく、全てひとりで手を動かして制作し続けたと知り、とても勇気づけられました。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

大洸工業株式会社さまのホームページリニューアル

blog_taiko

http://www.taiko-ind.co.jp

山口県宇部市に本社を置く、大洸工業株式会社さまのホームページをリニューアルさせていただきました。大洸工業さまは、生コンクリートの貯蔵設備(サイロ)や輸送設備などを製造している会社です。

サイロや設備機器の写真はクライアントさまからご提供をいただきましたが、自社工場での製造の様子については、カメラマン黒川さん(黒川舎)と共に工場を訪れ、撮影させてもらいました。職人さんがモノづくりをする姿は、いつ見ても圧倒されるのです。ホームページも、そんなものづくりのパワー・力強さを感じてもらえるようにデザインしました。

サイロは結構いろいろな場所に建っていて、これまではあまり気にかけていませんでしたが、最近車で移動するときに見つけると「あ、サイロだ」と思うようになりました。

お忙しい中いろいろとご協力をいただいた阿賀さん、そして撮影をしていただいた黒川さん、どうもありがとうございました!

カテゴリー: ホームページ制作 コメントをどうぞ

ジャズへの入り口

20歳そこそこでマイルスのカインドオブブルーを聴いて、よくわからんなあ、ジャズって退屈な音楽やなと挫折しながらも、心のどこかで「理解できないけど、きっと良いものだろうから、いつか理解したい」と思っていて、やっと40歳になってしっくりきました。

聴き込むたびに理解が深まって、でもまだ理解しきれない奥の深さや難解さも感じられて、うれしくなります。

ひとつ確実に言えるのは、ジャズ入門として「カインドオブブルー」を聴くのはイカンということです。世界で一番売れている大名盤ですが、いきなりあれを聴いてもただのムード音楽にしか聴こえません。

はじめの一枚として何がいいのか、マイルスの「リラクシン」なんか良いんじゃないかと思うけど、それよりもアートブレイキーの「モーニン」が良いかもしれない。テーマ部分はすごく有名で、たぶん一度は聴いたことあると思います。


はじめはテーマ部分のキャッチーさに惹かれますが、何度も聴きこんでいくと、そのあとに続く各人のソロ演奏のほうに惹かれるようになります。そうなってきたらシメシメ、ジャズ道を一歩踏み出した証拠です(ようこそ!)。前後のテーマは実はオマケで、ジャズマンたちのアドリブ演奏こそが、ジャズの醍醐味なんですね。


artblakey

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ