小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

コルトレーンの音

coltrane

ジョン・コルトレーンのテナーの音が好きです。ちょっとねっとりした深みのある音。コルトレーンの演奏はどれを聴いても絶対にダサくならないから、やっぱり偉人だなと思います。

結構たくさんジャズを聴いていると、メロディーラインが古臭かったり、ダサく感じてしまうものもあるんだけど、コルトレーンの場合それは無い。マイルスにも同じことが言えます。

ジャズ通のタモリさんや村上春樹さんがコルトレーン嫌いを明言していて、最初のころはぼくもその意見にすこし引っ張られ気味だったけど、しばらくして「やっぱりコルトレーンは凄いじゃないか」と、素直に聴けるようになりました。どうやら彼らも、コルトレーンを神様扱いする風潮に反発していただけみたいですね。あまのじゃくな二人だから。

先日ふらっと立ち寄ったお店で「Blue Train」が流れていて、思わず立ち止まって聴いてしまいました。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

イラストのお仕事

自転車ボーイ

ブログでイラストを描いたり、クライアントのWEBサイトでイラストを描いたりしているうちに、イラストの仕事がちょっとづつ増えてきました。

教科書やノートは落書きだらけだった小学生時代「マンガ家になりたいなあ」なんてぼんやり思っていたけど、いつのまにかそんな夢は忘れ、気が付いたらWEBデザイナーになってはや16年。そして今、時々でも絵の仕事がもらえるようになって、小学生のぼくがそれを知ったら喜ぶでしょう。

しかしあれですね、もうそろそろ年賀状のことを考えないといけないですね。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

とてもいい一日

ロゴデザインとWEBサイトのデザインが出来たのでお見せしたいのですが、と連絡をしたところ「もしよかったら、今日はいかがでしょう?」とのお返事。急遽、佐賀へしゅっぱつー。

いまから佐賀に行ってくると妻に告げると、わたしたちも行くと言うので、原田家オールスターで行きました。打ち合わせの間、妻と子は近くのイオンモールへ。

デザインはとても気に入ってもらえて、ぼくもハッピーな気持ちになりました。お客さまに喜んでもらえた時、それまでの苦労はぜんぶ吹き飛びます。夕方、イオンで合流後、みんなでご飯をたべて、普段はやらないスクラッチくじを1000円分やりました。

kuji

なんと1200円当たりました。200円のプラス!

そして200円でガチャガチャをしたら、狙っていたアンパンマンの人形が出ました。帰りの車で子はぐっすり。帰宅後、サッポロビールと知床で買った鹿ジャーキーで祝杯をあげ、とてもいい一日になりました。

カテゴリー: 仕事のこと, 日常のこと コメントをどうぞ

カロリーメイト

カロリーメイト

ぼくは小腹対策用として、常に机の上にカロリーメイトのチーズ味を常備しています。そして昼ごはんと晩ごはんの間とかに食べています。妻に「飽きんと?」と聞かれますが、飽きません。現場からは以上です。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ひっそりはじめていた

kurokawasha

ぼくは知りませんでしたよ。黒川さんがブログをはじめていたなんて。いやーぜんぜん気が付かなかったな。

黒川さんはこのブログにもたびたび登場するカメラマンです。信頼する仕事仲間であり、友人でもあります。大人になってから知り合って、友人になるなんて、鎖国しながら生きてる自分には滅多にないことです。

黒川さんらしいブログで、またひとつ楽しみが増えました。

黒川さんのブログ

カテゴリー: インターネットのこと コメントをどうぞ

北海道ひとり旅 vol.3 旅のまとめ

旅ノート日記

今回の旅では食をあまり追求しなかったけど、それでもいくつか北海道ならではの美味しいものを食べることができました。

釧路の炉端焼きでたべたサンマ、ホタテ、ジンギスカン、そして知床で食べたウニ・いくら丼。ウトロの道の駅食堂へ行くと、ちょうど採れたてのウニが入荷していて絶品でした。

現地で出会う「人」も、また旅の魅力です。フレペの滝からの帰り道、間違ったほうへ歩く方向音痴マンのぼくに「帰りこっちですよ」と声をかけてくれた方。あの時はありがとうございました。他にだれもいなかったから、あの人がいなかったら危なかったよ。

最後に中標津空港近くにある、カラオケと喫茶が合体したシブいお店で食事をしたんですが、そこのおばちゃんが良い味を出していて、ブタ丼を食べるぼくの目の前でタバコぷかーっとやりながら「あらまあ福岡?韓国が近いからいいわねえ、あなた半袖で寒くない?」そう、ぼくは車中や屋内で、ほぼ半袖でした。11月の最果ての地は暖かかったんです。外をウロウロする時はパーカー着たけどね。

オフシーズンの平日で、人はとても少なかったです。もしかしたら地震の影響がまだあるのかもしれない。知床五湖でも数人にしか会わなかったし、摩周湖なんてぼく一人でした。今回はひとり旅だったから、すばらしい景色を見るたびに「あー妻にも見せたいなあ」と思いました。一人旅に行かせてくれた妻に感謝です。知床は必ずまた行きたいから、次は家族で、夏に、行こうかな。

おわり

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

北海道ひとり旅 vol.2 すばらしい景色と野生動物たち

いきなり知床へは行かず、あえて札幌へ行き、そこから車で北海道を横断しました。北海道のスケールを感じたかったんです。車で走っている間、すばらしい景色にたくさん出会いました。

初日に見た釧路湿原の夕日。北海道は太陽が大きい。同じ太陽なのに、不思議だな。

2日目の早朝、釧路から知床を目指してまだうす暗い山道を走っていると、前方に黒くて大きな物体が。んんん?あれは・・・シカだ!

イラスト(エゾシカ)

道路の真ん中に、大きなエゾシカがでんと立ってこっちを見ていました。シシ神さまだ。しばらく見つめあった後、シカは道路わきへぴょーんと跳び去っていきました。ドキドキしたなあ。カメラを構える余裕なんてなかったよ。でもいいんです、まぶたに焼き付けたから。

断崖絶壁に囲まれた摩周湖の絶景を堪能したあと、いよいよ憧れの地、知床へ。知床五湖は前回書いたので省きます。オシンコシンの滝、フレペの滝、天に続く道、どれも良かったけど、そういう有名スポットがどうこうというよりも、知床全体が良いんです。

澄んだ空気、きれいな空の色、オホーツク海に面した道路、動物注意の看板。

02
空の色
オシンコシンの滝
天に続く道
オホーツク海
かいようだい
きつね

野生のキツネにも4回会いました。写真を撮っていたらトコトコっとこっちへ近づいてきました。小野さんに教えてもらった開陽台からの景色は、これぞ北海道といった雄大な景色でした。

最後の夜、知床の星空を見るために、人工の灯りがまったく無い峠のふもとへ行きました。真っ暗で怖かったけど、そこで見上げた星空は、まるで本物のプラネタリウムでした。大げさに言うと、宇宙が見えました。

Vol.3へつづく

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

北海道ひとり旅 vol.1 知床五湖

北海道の世界遺産「知床」へのひとり旅から無事に帰ってきました。知床は本当にすばらしい所でした。時系列は無視して、数回にわけてつらつらと書いていきます。

まず、旅の一番の目的だった知床五湖。

知床五湖には野生のヒグマがウロウロしているので、遊歩道に入る前にレクチャーを受けます。最近よくヒグマが目撃されていて、つい2日前にも出たんだそう。ヒグマがグオオっと吠える恐怖映像を見せられて、ピリリと緊張が走ります。

平日の朝だからか、ぼく以外に人がいません。ヒグマの棲む原生林の中を、ガイドさん無しで、たったひとりで進んでいきます。ヒグマは怖いけど、もし遭遇したらそれも貴重な体験だ。

知床五胡(入り口)
知床五胡(散策コース)
知床五胡(散策コース2)
知床五胡(散策コース3)

写真じゃ伝わらんなー。

シーンとしていて、いまにもヒグマがのそっと出てきそうな雰囲気バリバリなんです。妻にこの写真を見せたら「このみ山と一緒やん」と言われました。いやいやいや、違う違う。こちとらヒグマの棲家なんやぞと。秘境やぞと。しかし残念ながら、写真じゃ伝わらんのです。

見通しの悪いところでは、パンパンッと手を叩きながら進みます。そうすると、ヒグマはあえて近づいてこないそうです。一番ダメなのは、お互い気づかないままバッタリ遭ってしまうこと。ビックリするのは人もヒグマも同じなのだ。

原生林の中にひっそりと湖がたたずんでいて神秘的です。写真じゃ伝わらんけど(しつこい)。

知床五胡(湖2)
知床五胡(一番大きい湖)
知床五胡(看板)

原生林を抜けたら一番大きな湖が出てきて、そのあとに続く高架木道からの眺めも、本当に素晴らしかったです。

結局、ヒグマには遭いませんでした。正直、遭ってもいいなと思っていましたが、ヒグマにとってもぼくにとっても、お互い遭わないほうが良いんですよね。当たり前のことだけど。

澄んだ空気、雄大な景色、神秘的な湖、手つかずの原生林、野生のヒグマがそこらへんにいるという緊張感。知床五湖のためだけでも、知床へ来る価値はあると、ぼくは思います。もし行くならば、一番長い距離を歩く地上遊歩道コースをおすすめします。

vol.2へつづく

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

11月1日(木)~3日(土)はお休みを頂きます。

誠に勝手ながら、11月1日(木)~3日(土)の間はお休みを頂きます。その期間に頂いたメールへのご返信は、11月5日以降になりますのでご了承ください。ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

15年ぶりの海辺のカフカ感想文

kafuka

海辺のカフカを読み終えました。15年ぶりに読んだらとても面白くて、ぼくは自分の記憶の不確かさを思い知りました。ずっとイマイチだと思い込んで15年も生きてしまった。村上作品風に言うと、やれやれです。

なんといってもホシノ青年です。ぼくのぼんやりとした記憶の中でも、ホシノ青年のことだけはわりと覚えていたんですけど、その記憶を飛び越えて魅力的でした。後半、ぼくにとっての海辺のカフカは、ホシノ物語になっていました。

好きなシーンはたくさんあるけど、これまで好き勝手に生きてきて音楽や映画なんてロクに見もしなかったホシノ青年が、ふらっと入った喫茶店でベートーベンを聴き、店主と音楽について語り合うシーンが好きです。そしてフランソワ・トリュフォーの映画、ぼくも今度見てみたいと思いました。

このまえのラジオで村上さんは「物語がこの先どうなっていくのか自分もわからずに書いている」と言っていたけど、たぶんホシノ青年を登場させた時、村上さんは彼がここまでの重要キャラになるとは想定していなかったんじゃないかな。村上さんも書いてるうちに、ホシノ青年のことがどんどん好きになっていったんでしょう。

しかしこれで、ぼくの中の村上作品ランキングを、大幅に見直さないといけなくなったな。

カテゴリー: 本のこと 4件のコメント

PAGE
TOP