小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2022年8月の記事

1日にシーバスを3回もヒットさせた話

お待たせしました。釣りブログです。実は今朝に一度公開したのですが、読み返すとハシャギすぎ感が否めなかったので、冷静に編集をして再投稿です。

なぜハシャギすぎてしまったのか。

こういうことです。



最近のぼくは週に1回程度、朝はやく起きて朝マズメの時間帯だけ釣りをして、帰って9時から仕事をするという「朝釣りスタイル」を確立しています。

先日も朝4時にむっくり起き上がり、福岡市の某所へ繰り出しました。タイドグラフを見ると小潮だったので、今日も期待できんなあとか思いながら投げていると、ガツン!とヒットしました。

慌てるぼくをあざ笑うかのように、シーバス君は見事なエラ洗いを1発決めて、バレてしまいました。ひさしぶりのシーバスヒット。ちょっと足震えたわ。

周りの目を気にしてノーダメージを装いつつ、再び投げ続けているとまたゴツン!ときます。一瞬根がかりかと思うほどの衝撃。今度はバラさないようにしっかりラインを張るも、またもやエラ洗い1発でバレました。

その後の3度目の正直が、さきほどの写真です。ヒットルアーは3回ともコアマンPB20。しばらくの間、ぼくはこればっかり投げると思います。コアマン最高。

この日は周りの人たちも釣れていたから、きっとその場所とその時の条件が良かったんでしょうね。釣れた理由をあれこれ考察するのも、釣りの楽しみのひとつです。

1日に3回もヒットして、しかもどれもまあまあのサイズで、ぼくのシーバスフィッシング史上最高の1日でした。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

すっかりアウトドアな方向にシフトしている

釣りを再開して以来、頭の中の35%くらいの領域で、常に釣りのことを考えています。仕事でもプライベートでも、移動中に遭遇する川や水路にいちいち「うわ、ここ釣れそうー」と興奮してしまいます。

今日も打ち合わせ場所の近くに小さな川があったのでチェックすると魚がうようよいました。ほとんどがボラだったけど、たぶんチヌと思われる魚体も確認できたし、やる気のないシーバスも1匹目視できました。今度竿もって来てみよう。

そういえば愛宕浜に家族で行って、サビキで小さい魚を10匹くらい釣りました。子供も自力でイワシをダブルゲットしました。妻はイワシの他、キビレやカマスも釣っていました。釣れない釣りもいいけど、釣れるとやっぱりたのしいね。

愛宕浜は福岡タワーを見ながら釣りができて、トイレもあって、釣りに飽きた子供が遊べる岩場もあって、ファミリーフィッシングに最高の場所です。あとはルアーでシーバスが釣れたら文句なしだったんだけどねー。シーバス釣れん。



と思っていたら、でかいシーバスを右手にぶら下げて歩いてくるルアーマンの姿を発見。話を聞くと、もう帰ろうと思ってレンジバイブを投げて適当に巻いてたら釣れたんだって。すげー。サイズは62cmとのことでした。「持って帰って食べます、妻は嫌がりますけど、ははは」と、誇らしげに帰っていきました。いいなあ。

そして今年も、子供の幼稚園の友だち家族(パパさんが虫のプロフェッショナルなのです)と一緒に虫捕りに行ってきました。背振山の山頂へ行ったんですが、平地では見られない珍しい虫がたくさんいました。

そしてなんと、エゾゼミも捕まえることができました。背中にマクドナルドのマークが刻印された珍しい蝉です。こいつを捕まえるのがどれほど難しいかは「香川照之の昆虫すごいぜ」を見ている人なら分かると思います。ぎーぎーと独特な鳴き声、鮮やかなMマーク。子供と少し触れ合ってもらった後は、解き放ってバイバイしました。



やっぱり海とか山へ行くと気分が良くて、日ごろのストレスから解放されます。街へ戻ってきた途端、横着な運転をする車にイライラしてしまい、あーやっぱり俗世は生きづらいなあと痛感した次第です。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP