小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2022年11月の記事

天国から地獄へ

うぎゃあああーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨晩は悔しくてなかなか眠れず。なんか、もう、ねーーーーーーーー。ワールドカップやぞ。日本サポーターの例の合唱がよく聞こえる状況も相まって、まるで埼玉スタジアムの親善試合みたいなぬるさ、ありましたね。ぬるーーーーーーい。もう一度言わせてください。これはワールドカップやぞ!ワールドカップなんだぞーーーー!!!!!!!国の威信をかけた戦いなんだぞ。国を代表する覚悟があるからピッチに立ってるんじゃないのかーーーーーーー。偉そうなこと言って本当にすいません。いや、言わせてくれーーーーーー。ミスを怖がってる気持ちが画面から伝わるんじゃーーーーーー。ぼくもサッカー部で1年生大会に出場した時、ボールが来るのが怖かったからわかるんだ。でも日本代表でしょう。一生に一度出られるかどうかの夢舞台を、ぬるい気持ちでやり過ごしていいのかーーーーーーーー。せっかくドイツに勝ったのに。結果よりも、姿勢がもったいなーーーーーーーーーーーい。

次のスペイン戦は相手もガチで来るので、エンターテイメント的には最高の舞台が用意されました。三笘選手はスタメンで。南野選手と堂安選手もスタートからお願いします。気持ち的には天国から地獄へ突き落とされたので、最後にまた天国へ連れて行ってもらいましょう。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

いまだ夢見心地

それにしても、後半の日本チームは本当に素晴らしかったなあ。もうこのままワールドカップが終わってもいいと思えるほどの満足感があります。

海外メディアが報じる日本チームへの賞賛記事を読みながら、ニヤニヤが止まらんとです。中でも、下記の記事がとても的確で、読み応えがあり、感動的です。

■日本代表が“奇跡”を成し遂げたワケ。「フットボールの美しさ」を示したドイツ戦

サッカーってやっぱり素晴らしいな。まだまだ夢の続きが見られるなんて幸せやね。

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

やったーーーーーーーーーーーーーー!

ドイツに勝利!シンジラレナイ!堂安選手の同点ゴール、叫びましたよ。浅野選手のスーパーゴール、興奮しすぎて叫んだかどうか覚えてません。

前半の戦いを見て、正直終わったと思いました。ぜんぜん前からプレスがかからず、なんのための前田選手なんだと、いったいどうしたんだと、歯がゆさのみの45分でした。

ずっとずっと楽しみに待ち続けたワールドカップ初戦。まさか日本チームが史上最低クラスのヘボ試合を演じてしまうなんて・・・絶望してハーフタイムにトイレに行くことも忘れ、ただただテレビの前でぼーっとしていました。

まさか後半、日本チームがあんなに見事に生き返るなんて、だれも思ってなかったですよね。システム変更、選手交代、すべてが気持ちよくハマって、あのドイツを圧倒。奇跡の逆転。

たぶん今のドイツより、スペイン、イングランド、フランスなんかのほうが強いかもしれない。でもね、昔からのサッカーファンにとって、ドイツって特別なんですよ。南米のブラジル、欧州のドイツ。この2か国は絶対的王者なんです。そのドイツに、ワールドカップという舞台で、日本が勝つなんて!

もう最高です。幸福感がすごい。ハイライト映像、永遠に見てしまいます。日曜日のコスタリカ戦まで、この余韻に浸ります。日本チーム、ありがとうー!!

カテゴリー: スポーツのこと コメントをどうぞ

もしかして

お待たせしました。釣りブログです。

たしか秋って一番シーバスが釣れる季節ですよね。なのに10月以降、1匹も釣れてません。SNSを見る限り、他の釣り人たちは毎日のように釣ってるから、ちゃんとシーバスはいるんです。なのに全然釣れん。

途方にくれたぼくは、グーグルで「釣れない理由」を検索しまくりました。技術的、理論的なつまらん理由が並ぶ中、ひとつだけ、はっ!とさせられる言葉を見つけました。

「魚を釣りたいなら、殺気を消さないといけない」

これや!これやー。

釣りたい気持ちが出すぎて、それがルアー越しに魚に伝わってたんやー。いわゆる第六感というやつですね。そんなわけないと言う人もいると思いますが、相手は野生の動物なので、有り得る話だとぼくは思います。

思い返すと10年前、かもめ広場ではじめてシーバスをヒットさせた時、ぼくは釣ることを半ばあきらめていて、ぼけーっとリールを巻いていたらガツンと来たのでした。御笠川で足元にいたシーバスが、竿を持ってないと逃げないのに、いざ釣ろうとすると姿が見えなくなることもありました。

よし、次は殺気を消してやってみよう。釣る気なんてさらさらない、とぼけた顔してやってみよう。結果は、おたのしみに。

カテゴリー: 日常のこと 2件のコメント

PAGE
TOP