小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

本、ほん、ホン

どんなに忙しくても、本は読んでいます。以前は、ひとつの本を読み終えてから、次の本にとりかかるという正統派読書スタイルでしたが、最近は同時に複数の本を読むスタイルになりました。

ちなみにいま読んでいるのは

たましいの場所(早川義雄)
カフカ短篇集(池内紀編訳)
銀の匙(中勘助)
新しい人の方へ(大江健三郎)

です。漱石の草枕、梶井基次郎の檸檬、カラマーゾフの兄弟も控えています。そう、ついにカラマーゾフを読む覚悟を決めたのです。

早川義雄さんの「たましいの場所」は、本当の気持ちが書かれていて良いなあ。SNSで書いたらきっと叩かれることも書いてあるけど、それが正直な気持ちだってわかるから、読んでいて心に響く。SNSなんて嘘だらけやもんね。

本、ほん、ホン への2件のコメント

  1. 小野孝 より:

    カラマーゾフの兄弟。。。興味あるな

    このまえ罪と罰を読んでみた

    あれ読むの体力いる

    ロシア名前に慣れてないから、なおのことなんかな?

    カラマーゾフの兄弟…読書感想期待しとります

  2. ハラプロ原田 より:

    小野さん!

    たしかにロシア人の名前が
    なかなか覚えられないんですよね。
    読むのは本当に体力いります。

    カラマーゾフの兄弟は村上春樹が
    「この世で一番おもしろい小説」と言っていて、
    ずっと気になってたんですけどなかなか手が出せず、
    でもようやく読む決心をしました。
    まだ読んでませんけど ^^;

    あせらずじっくり取り組みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

PAGE
TOP