小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

ゴッホ展で種まく人と2人きりになる

tanemakuhito

コロナ過ですけど、ゴッホの絵がすぐ近くに来ているのに見ない、という選択はできません。ゴッホ展、人が少ない雨の平日、朝いちばんに行ってきました。

普通は入口から順番に絵を見ていきますよね。そしてまんべんなく全ての絵を見るでしょう。でも今回、ぼくは入場するやいなや他の絵には目もくれず、奥のほうへと一直線に突き進みました。「種蒔く人」をじっくりと見たかったからです。

予想通り、絵は奥のほうにありました。他の来場者はまだ入り口付近にいるので、この瞬間、ぼくはあのゴッホの種蒔く人と、まさに二人きりの状態になりました。おおげさにいうと、それはちょっと神秘的な体験でした。

やがて他の人がぞろぞろとやってきて、神秘体験は3分くらいで終わりましたが、そのあとも他の人の邪魔にならないように遠くから、種まく人をじっと見てました。

小説「月と六ペンス」で、ストルーヴという画家が、美について語るセリフがあります。ゴッホの絵を見ながら、ぼくはそのセリフを思い出していました。

「いいかい、美という、およそ世にも貴いものがだよ、まるで砂浜の石ころみたいに、ほんの通りすがりの誰彼にでも無造作に拾えるように、ころころ転がっているとでも思うのかい? 美というものは、すばらしい、不思議なものなんだ。芸術家が、己の魂の苦しみを通して、世界の混沌の中から創り出すものなんだ」(月と六ペンス モーム 中野好夫訳 新潮文庫より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

PAGE
TOP