小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2021年3月の記事

つくること

エヴァンゲリオンは昔、テレビシリーズをちょろっと観た程度で、ファンでもなんでもないんですが、先日放送された庵野さんのプロフェッショナルは面白く拝見しました。

やっぱり何かをつくるっていうのは大変なことなのだ。

制作チームの人たちが、カーテンを締め切った薄暗い部屋にこもって日夜作り続けていて、うわあぜんぜんカッコ良くないし、すごく不健康だけど、「つくる」って実はこうなんだよなあと思いました。こうなんだよ。

つくるのは楽しいけど、つくるのはしんどい。それは多分みんなそうで、仕事としてつくっていると楽しむ気持ちを忘れます。

ある脚本家は、毎回ノートの表紙に「楽しむ」と書き込むそうです。早速マネして、楽しむと描いた大きめの紙を壁に貼ってみました。効果はまだ、わかりません。

カテゴリー: 仕事のこと, 日常のこと コメントをどうぞ

おうち美術館

図書館で借りた子供の絵本を返却しにいく妻に付いていくと、現代世界美術全集という大きな画集がずらっと並んでいて、思わずその中からゴーギャンの画集を借りて帰りました。

1970年に出版されていて、びっくりするほど印刷の質が良く、サイズが40cmもあるので絵の迫力がすごいのです。定価は1冊4,000円。いまこのクオリティでつくったら、倍以上するんじゃないでしょうか。

そんなことを考えながら何気なくネットで検索すると、なんとこの現代世界美術全集が、10冊セット2,700円で某オークションに出ているではありませんか。目を疑いました。だって1冊あたり270円ですよ。少年ジャンプじゃないんだから。

どうもこの全集、大きすぎるせいか、古いせいか、2人セットになっているのがあるせいか理由はわかりませんが、あまり人気がないみたいです。ブックオフで1冊100円で買った人もいるようです。うーん、モノの価値って、わからんもんですね。

もちろん10冊セット、落札させていただきました。状態も良く、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ボナール、マティス、モディリアーニ、巨匠たちの絵を、大きなサイズでじっくり見られる幸せ。ぼくは最近、ボナールの絵が好きになりました。

帯にはあの猪熊弦一郎さんが、こんなコメントを寄せています。

「居ながらにして世界の名画を自分のものにし得る家庭の美術館だ。解説も最高でこんな美しい出版物に親しめる現代の人々は幸せだ」

現代世界美術全集

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

宇宙ボーイ誕生

おさるのジョージが宇宙へ行く話を観てから、子供が宇宙にハマっています。まあ、一時的なものかもしれませんけど。

いっしょに宇宙の図鑑を読んでいると、自分が宇宙のことをぜんぜん知らなかったことに気づかされます。

土星の輪っかが氷で出来てるとか、天王星はオナラの匂いがするとか、そんなこと知らなかったし、太陽の大きさだって実はちゃんと知らなかったな。でかい!

先日、六本松にある福岡市科学館に行ったんですが、宇宙についていろいろと体験できる空間があって、子供はたのしそうに遊んでいました。今度は久留米の科学館にも行ってみよう。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

いい公園

とてもいい公園を発見しました。

志免町にあるんですけど、ちょっとした森林気分が味わえて、遊具もいい感じで、ちいさい川もあって、人も少なくて、いやー、見つけてしまったよ。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP