ページの先頭です

日常に生きるブログ

コルトレーンの音

coltrane

ジョン・コルトレーンのテナーの音が好きです。ちょっとねっとりした深みのある音。コルトレーンの演奏はどれを聴いても絶対にダサくならないから、やっぱり偉人だなと思います。

結構たくさんジャズを聴いていると、メロディーラインが古臭かったり、ダサく感じてしまうものもあるんだけど、コルトレーンの場合それは無い。マイルスにも同じことが言えます。

ジャズ通のタモリさんや村上春樹さんがコルトレーン嫌いを明言していて、最初のころはぼくもその意見にすこし引っ張られ気味だったけど、しばらくして「やっぱりコルトレーンは凄いじゃないか」と、素直に聴けるようになりました。どうやら彼らも、コルトレーンを神様扱いする風潮に反発していただけみたいですね。あまのじゃくな二人だから。

先日ふらっと立ち寄ったお店で「Blue Train」が流れていて、思わず立ち止まって聴いてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree