小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

パターソンは100点満点の映画だった

静かな映画が好きです。淡々とした日常を丁寧に描いた、リアルな感触のある映画。そういう映画ってなかなか無いんですけど、先日ひさしぶりに大当たりを引き当てました。ジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」です。

バスの運転手をしながら詩を書いている男の日常を淡々と描いている映画なんですが、これが本当に素晴らしくて、見終わったぼくは最高の気分になりました。

レビューを見るとぼくと同じように興奮している声もあれば、逆に「退屈な映画」とか「ぜんぜん面白くない」という声もあります。そういうのは人それぞれだから全然いいんだけど「自称おしゃれな人が通ぶって見る映画」という声には、心の底から反論させて頂きます。

全然そんなんじゃない。そんなんじゃないんだよ。パターソンは、ただただ静かで、美しい、まさに「映画」でした。

印象に残っているシーンはたくさんあるけど、特に好きなのは詩を書く少女に出会うシーンとか、コインランドリーでラップしてる人に出会うシーンとか、奥さんがギターで歌うシーンとか。ただバスを運転するだけのカットも綺麗だし、ラストのカットも綺麗だし、とにかく全部いい。100点!

まるで自分だけのための、宝物のような映画でした。30本観てようやく1本あるかないかぐらいの確立だけど、こういう体験を求めてぼくは映画を観るんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

PAGE
TOP