小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

悪霊

ついに悪霊を読み終えました。カラマーゾフ以上に読みづらく、上巻はとにかく苦痛でした。

いったい何の話を読まされているのかよくわからないまま、修行のような気持ちで上巻を読み終え、下巻の中盤あたりでやっと何かが見えてきて、終盤はただただ圧倒されました。

すべてがわかった後もう一度読み返すと、あんなに退屈だった上巻もすごく面白い。すごいぜ悪霊。ぼくはカラマーゾフより悪霊のほうが好きかもしれない。ドストエフスキー万歳。

ネットで悪霊ファンの声を読み漁ると、だいたいみんな「読むたびに面白くなる」と言っています。本当にその通りです。映画でもそういうのありますね。初見は??だけど、中毒性の高いやつ。例えばブレードランナーとか、3-4X10月とか。

シャートフ、キリーロフ、ステパン先生、ワルワーラ婦人、登場人物みんなが魅力的で、ドストエフスキーはキャラひとりひとりにちゃんと「心」を持たせている気がします。そのせいで読みづらく、難しいんじゃないかな。だって人の心が一番わからないから。

ドストエフスキー悪霊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

PAGE
TOP