小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

本のこと

最近の傾向

たまに更新したと思ったら、制作実績の紹介か、本買いました、の2パターンのみ。

うーん、いろいろと書けることはあるんです。じゃあなぜ書かないのか?いや、書けないのか?それは、ぼくの気持ちにゆとりがないからです。いかーん。

「忙しい時こそ心にゆとりを持ちなさい」は、ぼくがパチンコ店でバイトしていた時のリーゼント副主任から頂戴した名言ですが、まさに今それを実践しないといけないなあ。

日曜日、キャナルの無印にカーテンと収納アイテムを買いに行きました。出発が夕方前だったので、必要なものだけささっと買って帰ろうねと決めていたんですが、MUJI BOOKS を見たそうにしているぼくに妻が「本屋さん見てきたら?」と、神のひとこと。

じゃあお言葉に甘えて10分だけ!と言って、1時間近くウロチョロしてしまいました。MUJI BOOKS 楽しすぎ。欲しい本が山のようにあったけど、とりあえず今回はアイデアの古本と、CASA BRUTUS の現代アート特集買いました。

book

カテゴリー: 日常のこと, 本のこと コメントをどうぞ

やっぱり本が好き

緊急事態宣言が出されてからずっと本屋に行けず、もっぱらネットで本を買う日々を過ごしていましたが、先日ひさしぶりにブックオフ(ブックオフも本屋ということでいいですよね)へ行ったら、陳列された本を見るのが楽しくて、小一時間ウロウロしてしまいました。

やっぱり本は眺めて手に取って買うのがいいね。ずっと読みたかった「夜と霧」の美本がお得に買えました。

写真は最近買って読んだ本たちです。

最近買って読んだ本

「13歳からのアート思考」は、小野さんに教えてもらいました。とても面白かったです。モネの睡蓮を見た子供が「カエルがいる」と言うので、大人たちは必死に絵の中にカエルを探しますが見つけられません。するとその子供は「カエルは水の中にもぐっている」と言うのです。

これが本来のアートの見方だ、と作者は言います。自分だけのものの見方で、自分だけの答えを手に入れる。これがアート思考なのだと。

庄野潤三の短編集「プールサイド小景・静物」もすごく良かったです。特に「舞踏」と「プールサイド小景」の終わり方がすごく印象的です。簡単な言葉で日常が書かれてあるけど深みがある。

ぼくは小説を読むのが好きだけど、この作家の本なら無条件で読みたいと思える作家は、村上春樹とサリンジャーぐらいでしたが、庄野潤三はそこに加わるかもしれない。それくらいグッときました。

そしてブックオフで入手した「夜と霧」は、読んでよかったと心の底から思える本でした。人間とは何か。生きるとはどういうことか。明らかにぼくの心の中のなにかを変えてくれたような気がします。そういう体験が数百円でできるんだから、やっぱり本って良いですね。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

古くてあたらしい仕事

古くてあたらしい仕事

夏葉社という出版社を、たったひとりで経営している島田潤一郎さんの本「古くてあたらしい仕事」を読みました。島田さんはぼくと同じ1976年生まれ。編集も営業も事務も発送作業も、すべてひとりでやっています。

つくっているのは年に3冊ほどの本。マーケティングとかではなく、自分が心から良いと思える本を、妥協することなくつくる。具体的なだれかをおもってつくる。売るための過激な言葉を嫌い、できる限り静かで地味な本をつくる。美しい本をつくる。

本ができたら、全国各地の書店を自分の足で訪ね、一軒一軒、営業する。夏葉社の本を良いと思ってくれる書店員さんとの一対一の関係を、島田さんはとても大事にする。

島田さんは「小さな仕事を長く続けるためのコツのようなものがあるとすれば、それは手間暇のかかった、具体的で、小さな声によりそったものだ」と言う。

同じくひとりで小さくやってきたぼくにとって、とても共感できる本でした。ぼくは早速、夏葉社の本を1冊買いました。ホームページもシンプルで良い。

http://natsuhasha.com/

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

そして究極のサービスが生まれた

京都にある善行堂という古書店。本好きの人には有名なお店だそうです。知ってますか?ぼくは知りませんでした。だいたいのことを、ぼくは知りません。知らないことだらけなんです。

善行堂さんをネットで調べると、とても素敵なたたずまいで、だけどここの扉をガラガラっと開けるのは結構勇気がいるかもなあと感じるくらい、本物のオーラが写真に漂っています。

でもツイッターを見ると、すごく気さくな感じでした。フォローをすると、善行堂さんもフォローしてくれました。

いまコロナの影響で、本屋さんも休業するところがどんどん増えています。善行堂さんも、2週間前から休業されています。店主の山本さんは、お店を閉めるのは勇気がいるし怖い、とつぶやいていました。

そんな中、山本さんは「善行堂倶楽部」というサービスをはじめました。これはお客さんの予算と好みに合わせて、山本さんが本を選んでお届けするというサービスです。

ツイッターを見ると早速注文が入っていて、なんとも良い味わいの本たちが届けられていました。そしてぼくが目を見張ったのが、選んだ本についての解説を、一人ひとりに手書きで手紙に書いていたことです。なんという丁寧な仕事。これはまさに究極の通販じゃないかと、ぼくはちょっと興奮してしまいました。

善行堂倶楽部、いいなあ。ぼくも山本さんに選書してもらいたいなあ。自分では選ばない(選べない)本との出会いは、自分の世界を広げてくれるよね、きっと。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

映像研に手を出してしまった

映像研には手を出すな。芸人の東野幸治さんがおもしろいとSNSで紹介していたので、WEBで試し読みをしたら続きがどうしても読みたくなって、一気に4冊買ってしまいました。

何かしらモノづくりをしている人には、ぐっとくる漫画だと思います。想像力ばんざい!

映像研には手を出すな!

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

センス入門

松浦弥太郎のセンス入門 

「センスがよい」に替わる日本語は、「美徳」なんじゃないかと松浦さんは書いています。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

生き方、働き方

文庫本が出たこのタイミングでわざわざ単行本を買うぼくの奇行を、レジの人は「ん?この人間違ってんじゃない?」と思ったかどうかは不明です。

kishidanchou

ぼくは村上さんが小説で描く「働き方」とか「仕事に対する考え方」とかを読むのが好きで、フリーランスとして生きるうえで、ずいぶん勇気づけられています。

手を抜いたってバレないような小さな仕事でも、決して手を抜かず、入念に準備をして、丁寧な仕事をしていれば、必ず誰かが見てくれている、とかね。

「うまくいかなかったら、その時にまた考えよう」というセリフもよく出てきて、不安に襲われた時なんかはこの言葉を思い出します。すると気持ちが少しラクになります。

ちなみに、インターネット上でぶいぶい言わせてるIT系の人が、よく行動力とスピードを推奨し、とりあえずやってみてダメだったらまた別のことやればいいじゃん、とか言ってますけど、ぼくはその考え方は嫌いです。それと村上さんのとは違うから。

村上さんの言う「うまくいかなかったら~」っていうのは、準備とか覚悟がちゃんとあって、最大限努力をしてそれでもうまくいかなかったらという意味です。思いつきで行動して周りを巻き込んでうまくいかなかったらはい次つぎーてやってるIT系ぶいぶいマンとは本質が違うから。

そして、ぼくがそんなIT系ぶいぶいマンを好きになれないのは、彼らのスピード偏重型無責任行動によって、被害を受けた人や傷ついた人がいることを忘れてしまっているからです。

と、なぜか騎士団長殺しから、IT系ぶいぶいマン批判になってしまったけど、やっぱり村上さんの本は面白いな。

カテゴリー: 仕事のこと, 本のこと コメントをどうぞ

単行本か文庫本か

識者120人が選んだ「平成の30冊」の1位が、村上春樹さんの1Q84?ねじまき鳥よりも、カフカよりも、1Q84なんですね。

村上さんといえば、騎士団長殺しがやっと文庫化されました。

出かける時はいつも、村上さんの文庫本をその日の気分で1冊選び、カバンの中に入れておいて、ちょっとした待ち時間にぱらっと読むのがぼくのスタイルなのです。

だから騎士団長殺しも文庫化を待ってたんですけど、いやちょっと待てよ。本当に好きな作家の本くらい、単行本で買うべきなんじゃないか?と、ここにきて気持ちの変化が生じています。

これはレコードのせいだな、たぶん。なんとなく文庫本をCDに、単行本をレコードに置き換えてしまっているようです、ぼくの頭の中で。こまったこまった。さて、どうしようか。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

15年ぶりの海辺のカフカ感想文

kafuka

海辺のカフカを読み終えました。15年ぶりに読んだらとても面白くて、ぼくは自分の記憶の不確かさを思い知りました。ずっとイマイチだと思い込んで15年も生きてしまった。村上作品風に言うと、やれやれです。

なんといってもホシノ青年です。ぼくのぼんやりとした記憶の中でも、ホシノ青年のことだけはわりと覚えていたんですけど、その記憶を飛び越えて魅力的でした。後半、ぼくにとっての海辺のカフカは、ホシノ物語になっていました。

好きなシーンはたくさんあるけど、これまで好き勝手に生きてきて音楽や映画なんてロクに見もしなかったホシノ青年が、ふらっと入った喫茶店でベートーベンを聴き、店主と音楽について語り合うシーンが好きです。そしてフランソワ・トリュフォーの映画、ぼくも今度見てみたいと思いました。

このまえのラジオで村上さんは「物語がこの先どうなっていくのか自分もわからずに書いている」と言っていたけど、たぶんホシノ青年を登場させた時、村上さんは彼がここまでの重要キャラになるとは想定していなかったんじゃないかな。村上さんも書いてるうちに、ホシノ青年のことがどんどん好きになっていったんでしょう。

しかしこれで、ぼくの中の村上作品ランキングを、大幅に見直さないといけなくなったな。

カテゴリー: 本のこと 4件のコメント

美しい日本のくせ字

mojiwomanabu
tegaki02
tegaki01
tegaki03

良い本にめぐり合えるとうれしい。

もともと手書きの文字が好きで、電話しながらささっとメモ紙に書いた文字とか、自分で録音したカセットテープに書き込んだ曲順の文字とか、良いですよね。「美しい日本のくせ字」は、そういう感じのものを集めた本です。

「文字講座」のほうはこれから読みます。装丁が美しい。

カテゴリー: デザイン&アートのこと, 本のこと コメントをどうぞ
123...10...Last

PAGE
TOP