小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

本のこと

15年ぶりの海辺のカフカ感想文

kafuka

海辺のカフカを読み終えました。15年ぶりに読んだらとても面白くて、ぼくは自分の記憶の不確かさを思い知りました。ずっとイマイチだと思い込んで15年も生きてしまった。村上作品風に言うと、やれやれです。

なんといってもホシノ青年です。ぼくのぼんやりとした記憶の中でも、ホシノ青年のことだけはわりと覚えていたんですけど、その記憶を飛び越えて魅力的でした。後半、ぼくにとっての海辺のカフカは、ホシノ物語になっていました。

好きなシーンはたくさんあるけど、これまで好き勝手に生きてきて音楽や映画なんてロクに見もしなかったホシノ青年が、ふらっと入った喫茶店でベートーベンを聴き、店主と音楽について語り合うシーンが好きです。そしてフランソワ・トリュフォーの映画、ぼくも今度見てみたいと思いました。

このまえのラジオで村上さんは「物語がこの先どうなっていくのか自分もわからずに書いている」と言っていたけど、たぶんホシノ青年を登場させた時、村上さんは彼がここまでの重要キャラになるとは想定していなかったんじゃないかな。村上さんも書いてるうちに、ホシノ青年のことがどんどん好きになっていったんでしょう。

しかしこれで、ぼくの中の村上作品ランキングを、大幅に見直さないといけなくなったな。

カテゴリー: 本のこと 4件のコメント

美しい日本のくせ字

mojiwomanabu
tegaki02
tegaki01
tegaki03

良い本にめぐり合えるとうれしい。

もともと手書きの文字が好きで、電話しながらささっとメモ紙に書いた文字とか、自分で録音したカセットテープに書き込んだ曲順の文字とか、良いですよね。「美しい日本のくせ字」は、そういう感じのものを集めた本です。

「文字講座」のほうはこれから読みます。装丁が美しい。

カテゴリー: デザイン&アートのこと, 本のこと コメントをどうぞ

海辺のカフカを再読中

jonywalker

海辺のカフカを再読中です。前に読んだのはたぶん、もう10年以上も前のことなので、内容をかなり忘れています。そうそう、こんな話だったっけ。

ジョニーウォーカーのところは、とても緊張感のあるシーンです。残酷で目を背けたくなるけど、頭の中でくっきりと、その光景を思い浮かべることができるシーンです。

カフカ少年が森の中でひとりきりで過ごし、雨が降ったら真っ裸になって、雨のシャワーを全身にあびるシーンは気持ちよさそうだなあ。


カフカ少年が裸で雨をあびる

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

スイミーに再会する

suimi02

エリック・カール「巨人にきをつけろ」の表紙裏に、レオ・レオニにささぐって書いてあって、レオレオニ?だれやろ?(恥ずかしながら知りませんでした)で、グーグル検索、あ、スイミーだ、絵がキレイだなあ、という経緯で我が家にやってきました。

自作の色紙でコラージュしていく手法は、エリックカールさんと同じですね。綺麗な絵です。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

伊丹十三のヨーロッパ退屈日記

mujibooks

MUJI BOOKSで伊丹十三さんのヨーロッパ退屈日記が目にとまり、ぱらぱらっと読んでみたらこれがめちゃくちゃ面白い。その場でニヤリとしてしまいました。

伊丹さんの知識の豊富さに驚くし、独特の感性、ユーモア、これは影響を受けてしまうなあ。本音を言うと、そういうのはなるべく隠したいんだけど、これは書かずにはいられないのだ。

taikutsu

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

生きてるうちにお願いしますよ

先日、本屋へ行ったら、また安西水丸さん関連の本が出ていた。亡くなってから再評価されるというのは、本人的にどうなんだろう。

ノルウェイの森に出てくる永沢さんは「おれは死んだ作家しか信用しない」とか言ってたっけ。ちなみに作中の人物で、ぼくは永沢さんと突撃隊が好きです。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

装幀が亀倉雄策さんだった

hon01

hon04

hon03

実家に遊びに行ったときに物置をあさっていると、古い河出書房の文学全集が出てきました。そういえばこんなのあったよなあと思いながら「罪と罰」を借りて帰りました。

装幀が亀倉雄策さんだ!亀倉さんは東京オリンピックのポスターで有名なグラフィックデザイナーの大御所です。初版印刷は昭和41年。ぼくが生まれる10年前ですね。文字はとても小さく、ところどころに渋い挿絵が入ってます。

カテゴリー: 本のこと 2件のコメント

坊っちゃんの読書感想文

夏目漱石の坊っちゃんを読みました。国語の教科書にものっていた(ような気がする)からてっきり読んだつもりでいたけど、実はちゃんと読んだことなくて今更ながら読んでみたらおもしろかった。大人たちのインチキ具合やユーモアが「ライ麦畑でつかまえて」に似てる気がしました。

読んだあとネットでいろいろ見てみると、登場人物のモデルについていろんな説があって面白い。へーと思ったのは赤シャツは漱石自身だという説で、西洋かぶれのイヤなところが自身にあると認めていたというやつ。真実は漱石にしかわかりませんけどね。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

騎士団長殺し

kishidanchou

騎士団長殺しはおもしろかったです。

とつぜん妻に逃げられたり、暗い穴の中にもぐったり、感性の鋭い少女が出てきたり、村上作品でおなじみの要素たちがオールスターのように登場します。そしてメンシキさんは、グレートギャツビーですよね。

画家の主人公が絵を描くプロセスを結構こまかく描写しているのが面白くて、きっと村上さん自身が小説を書く行為は、こういうことなんだろうなあと、置き換えながら読んでいました。

昔からの村上主義者はたぶん、ねじまき鳥までは好きで、カフカあたりからなんか違うなあ・・・というふうに感じてきたんじゃないでしょうか。ぼく的には「1Q84」はすごく好きでしたけど。カフカ以降、主人公の「ぼく」が、あの「ぼく」じゃなくなっていましたが、騎士団長殺しでは、ひさしぶりにあの「ぼく」が戻ってきた感じです。

村上さんはいつまで、長編小説を書くんだろうか。まだまだ新しい作品を読みたいので、JDサリンジャーみたいに、いきなり隠居しないことを願います。

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

ちゃっかり清兵衛

いままで黙っていましたが、じつは「騎士団長殺し」を読破しました。文庫が出るまで待つと宣言しておきながら、ゴリゴリの村上主義者であるぼくは、ちゃっかりこっそり読破していたのです。その感想は、また後日。

いまから藤沢周平の「たそがれ清兵衛」を読みます。ぼくは映画のたそがれ清兵衛が大好きで、もう何度も繰り返し観ているんですが、親戚に藤沢周平が好きな人がいて、映画が好きならぜひ原作も読むといいよ、と教えてもらったのです。

tasogare

カテゴリー: 本のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP