小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

鴉とカー

ひさしぶりに本屋青旗へ行ってきました。中山信一さんの絵本「うそ」が好きな妻は、その原画展が青旗であると知って興奮していました。それでぼくも一緒に付いていったわけです。

原画はとても良かった。こんなこと言うのはよくないかもしれないけど、絵本の100倍良かった。原画は絵を切り貼りして重ねていたり、汚しがそのまま残されていたり、絵柄自体は水丸さん風のシンプルなタッチだけど、アナログならではの質感がそれに合わさってとても良い感じでした。やっぱり原画っていいね。

ついでにずっと欲しかった本を2冊買いました。ひとつは佐々木俊さんの「CAR(カー)」。

佐々木俊さんのCAR(カー)

ぼくはデザイナーでは服部一成さんが好きですが、佐々木さんは服部さんの影響をすごく受けていると思います。たぶん。服部さん系譜のローファイデザインがぼくは好きなのです。このCAR(カー)も最高です。

もう1冊は、深瀬昌久さんの「鴉」。

深瀬昌久さんの鴉

有名な写真集なのでご存じの方も多いと思いますが、ずっと見たくて、ついに手に入れました。

写真集ってだいたいどれもお高いけど、これもやっぱりなかなかのお値段で「どうしようかなあ」と本棚の前をウロウロしていると、妻から「私がおるけん悩むふりしよっちゃろ」と言われました。鋭いのう。

映画や絵画でよく、好きとか嫌いとか分かるとか分からないとか関係なく、とにかくそのイメージが脳にベッタリくっついて離れないものがたまにありますけど、この「鴉」という写真集もまさにそれです。

鴉を撮った写真はどれも不気味でカッコいいし、突然差し込まれる鴉以外の写真がまた良いのです。写真家の村越としやさんも「鴉じゃないものを撮った写真が好きだった」と何かのインタビューで話していました。この女学生のなびく黒髪、鴉のようにも見えますね。

そして、鴉と(カー)をたまたま一緒に買ったその偶然に、いま気が付きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

PAGE
TOP