小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

デザイン&アートのこと

ヘタの美学



美術手帖の五木田智央特集がおもしろかった!ぼくは作品を見るのも好きだけど、作り手の制作環境や考え方、趣味趣向を「知る」ことも好きなので、この手の特集ものが大好物なのです。

ずっとヘタになるために努力しているという五木田さん。ヘタウマの元祖・湯村さんの影響を多大に受けていて、有名なモノクロシリーズを辞めたのは、上手くなりすぎたからだそうです。

インタビュー記事でなるほどと思ったのが、「ヘタに描くことが重要ではなく、ヘタの面白さを感じ取る『目』を持っているかどうか」という話。

描く人、つくる人は、目の修練こそが最も重要と言われていて、それがいわゆるセンスというものになるのでしょう。だからたくさん見ないといけないのだ。



あとひとつ、むむっ!となったのが、音楽家ジム・オルークさんの言葉で、「過程こそが大事で、完成した作品はむしろ捨ててしまってもいい」というもの。仕事で納品せずに捨ててしまったら1発アウトですが、ジムさんの言わんとしていることは分かります。

五木田さんがメキシコ旅行をした時に、自分で撮った写真をまとめた自家製本も掲載されていてカッコよかった。

ぜんぶ縦位置かと思いきや実際はプリントミスで、横位置の半分だけが印刷されてしまい、当時やり直すお金が無かったからそのまま製本してしまったそうです。

book03

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

ゴッホ展で種まく人と2人きりになる

tanemakuhito

コロナ過ですけど、ゴッホの絵がすぐ近くに来ているのに見ない、という選択はできません。ゴッホ展、人が少ない雨の平日、朝いちばんに行ってきました。

普通は入口から順番に絵を見ていきますよね。そしてまんべんなく全ての絵を見るでしょう。でも今回、ぼくは入場するやいなや他の絵には目もくれず、奥のほうへと一直線に突き進みました。「種蒔く人」をじっくりと見たかったからです。

予想通り、絵は奥のほうにありました。他の来場者はまだ入り口付近にいるので、この瞬間、ぼくはあのゴッホの種蒔く人と、まさに二人きりの状態になりました。おおげさにいうと、それはちょっと神秘的な体験でした。

やがて他の人がぞろぞろとやってきて、神秘体験は3分くらいで終わりましたが、そのあとも他の人の邪魔にならないように遠くから、種まく人をじっと見てました。

小説「月と六ペンス」で、ストルーヴという画家が、美について語るセリフがあります。ゴッホの絵を見ながら、ぼくはそのセリフを思い出していました。

「いいかい、美という、およそ世にも貴いものがだよ、まるで砂浜の石ころみたいに、ほんの通りすがりの誰彼にでも無造作に拾えるように、ころころ転がっているとでも思うのかい? 美というものは、すばらしい、不思議なものなんだ。芸術家が、己の魂の苦しみを通して、世界の混沌の中から創り出すものなんだ」(月と六ペンス モーム 中野好夫訳 新潮文庫より)

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

STREET LORDS / PETER SUTHERLAND

STREET LORDS / PETER SUTHERLAND

本屋青旗さんでひさしぶりに写真集を購入しました。

ストリートで出会った人たちを撮影したポートレート集で、その数421点というボリューム。20年にわたって撮り続けてきた写真が収められています。

ほとんどがニューヨークの人を撮っていますが、中にはロサンゼルスや欧州、東京で撮られたものもあって、藤原ヒロシさんもひょっこり出てきます。特にメッセージ性もなく、気負わずページをめくれるのが良いです。

装丁もかっこいいし、サイズ感もいいし、お気に入りの1冊になりました。

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

アートの楽しみ方を子供から学ぶ

ドイツの写真家 ヨヘン・レンペルトの「FieldGuide」という、小さな写真集があります。すべてモノクロで、動物や虫、植物などをユニークな視点で切り取った写真が収められている素敵な写真集です。

中古マンションを買ってリノベーションする時に、いろんな住宅雑誌を買い漁っていたんですが、その中でいい感じの家づくりをしている人の本棚に「FieldGuide」がささっていて、ぼくも真似して購入したのです。

夜、子供を寝かしつけるとき、子供がえらんだ絵本を1冊読むのですが、あるときこの写真集を持ってきました。「それ絵本じゃないけん面白くないよ」と言うと、「これがいい」と言います。仕方がないので一緒に布団にもぐりこみ、FieldGuideを開きました。

すると子供は先入観のまったくない純粋な心で、生き物のカタチを面白がったり、左右の写真で間違い探しをはじめたり、これはあれに見える、それはあれに見える、この模様キレイやねーといった具合に楽しんでいて、ぼくはちょっと感動してしまいました。

たぶん作者のヨヘン・レンペルトさんもこの光景を見たら、「そうそう、そういうことなんだよ」って言うと思います。

ヨヘン・レンペルトさんのインタビュー記事がこちらからご覧いただけます。

ヨヘン・レンペルトの「FieldGuide」
ヨヘン・レンペルトの「FieldGuide」
ヨヘン・レンペルトの「FieldGuide」

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

鴉とカー

ひさしぶりに本屋青旗へ行ってきました。中山信一さんの絵本「うそ」が好きな妻は、その原画展が青旗であると知って興奮していました。それでぼくも一緒に付いていったわけです。

原画はとても良かった。こんなこと言うのはよくないかもしれないけど、絵本の100倍良かった。原画は絵を切り貼りして重ねていたり、汚しがそのまま残されていたり、絵柄自体は水丸さん風のシンプルなタッチだけど、アナログならではの質感がそれに合わさってとても良い感じでした。やっぱり原画っていいね。

ついでにずっと欲しかった本を2冊買いました。ひとつは佐々木俊さんの「CAR(カー)」。

佐々木俊さんのCAR(カー)

ぼくはデザイナーでは服部一成さんが好きですが、佐々木さんは服部さんの影響をすごく受けていると思います。たぶん。服部さん系譜のローファイデザインがぼくは好きなのです。このCAR(カー)も最高です。

もう1冊は、深瀬昌久さんの「鴉」。

深瀬昌久さんの鴉

有名な写真集なのでご存じの方も多いと思いますが、ずっと見たくて、ついに手に入れました。

写真集ってだいたいどれもお高いけど、これもやっぱりなかなかのお値段で「どうしようかなあ」と本棚の前をウロウロしていると、妻から「私がおるけん悩むふりしよっちゃろ」と言われました。鋭いのう。

映画や絵画でよく、好きとか嫌いとか分かるとか分からないとか関係なく、とにかくそのイメージが脳にベッタリくっついて離れないものがたまにありますけど、この「鴉」という写真集もまさにそれです。

鴉を撮った写真はどれも不気味でカッコいいし、突然差し込まれる鴉以外の写真がまた良いのです。写真家の村越としやさんも「鴉じゃないものを撮った写真が好きだった」と何かのインタビューで話していました。この女学生のなびく黒髪、鴉のようにも見えますね。

そして、鴉と(カー)をたまたま一緒に買ったその偶然に、いま気が付きました。

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

おうち美術館

図書館で借りた子供の絵本を返却しにいく妻に付いていくと、現代世界美術全集という大きな画集がずらっと並んでいて、思わずその中からゴーギャンの画集を借りて帰りました。

1970年に出版されていて、びっくりするほど印刷の質が良く、サイズが40cmもあるので絵の迫力がすごいのです。定価は1冊4,000円。いまこのクオリティでつくったら、倍以上するんじゃないでしょうか。

そんなことを考えながら何気なくネットで検索すると、なんとこの現代世界美術全集が、10冊セット2,700円で某オークションに出ているではありませんか。目を疑いました。だって1冊あたり270円ですよ。少年ジャンプじゃないんだから。

どうもこの全集、大きすぎるせいか、古いせいか、2人セットになっているのがあるせいか理由はわかりませんが、あまり人気がないみたいです。ブックオフで1冊100円で買った人もいるようです。うーん、モノの価値って、わからんもんですね。

もちろん10冊セット、落札させていただきました。状態も良く、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ボナール、マティス、モディリアーニ、巨匠たちの絵を、大きなサイズでじっくり見られる幸せ。ぼくは最近、ボナールの絵が好きになりました。

帯にはあの猪熊弦一郎さんが、こんなコメントを寄せています。

「居ながらにして世界の名画を自分のものにし得る家庭の美術館だ。解説も最高でこんな美しい出版物に親しめる現代の人々は幸せだ」

現代世界美術全集

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

Ao-Hata Bookstore さん

デザイン書とか写真集を専門に扱う書店が福岡にもできたらいいのになあ、と言っていたら、いつのまにか本当に出来ていました。

Ao-Hata Bookstore さん。

忙しくてなかなか行けなかったんですが、先日やっと行ってきました。場所も、佇まいも、良い感じで、品ぞろえも期待どおりでした。

ネットで見かけて気になっていた濵本奏さんの写真集もあって、実物を見るとすごく良かった。やっぱり実物を手にとって見れるのはうれしい。ネットで見るのとは違う。ワイズベッカーさんの作品集も良かった。

結局いろいろ迷って、今回はナイジェル・ピークさんのドローイング集を買いました。これまたとても良いのだ。

家から程よい近さに、あんな良いお店ができるなんてうれしい限りです。

ナイジェルピーク

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

2020年に買って印象に残ったデザイン本

2020年に買って印象に残ったデザイン本

今年買ったデザイン本の中では、この3冊が印象に残っています。

「ポール・コックス デザイン&アート」は、ちょいちょい本棚から引っ張り出してきて眺めてます。作品はもちろん、アトリエの写真を見るのも好きで、無数のデザイン本を無造作に積み上げているポールさんに憧れます。

アイデアの「服部一成100ページ」はずっと探していて、ついにとある書店の入荷情報をキャッチして素早くポチったら、お店の手違いで服部さんが表紙をデザインした別の号のアイデアが届き、心の中で悲鳴をあげました。そのあとちゃんと交換してもらえたけど。内容はもちろん最高です。

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

デザイン本を買う意味

デザイン本を買う意味

「制作のためのノート」より

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

Diane Arbus in the beginning

Diane Arbus in the beginning

ひさしぶりに写真集を買いました。ダイアン・アーバスの「in the beginning」です。

丸善の洋書コーナーをのぞいたら何故か半額で売られていて、中の写真を見てみるとビビビっときたので購入しました。

ダイアン・アーバスといえば、あの双子の写真が表紙になっている写真集が有名でぼくも持っていますが、写真の強度がすごすぎて気軽に開けない雰囲気があります。

それにくらべて、初期の作品を集めたこのin the beginningには曖昧な部分が残されていて、ぼくはこっちのほうが好きでした。

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP