小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2021年4月の記事

ようちえん

4月から子供が幼稚園に通いはじめました。といっても半年ぐらい前から週2回、未就園児教室に行っていたのでデビュー感は無いのですが、それでも制服に身を包み毎朝でかけていく姿を見ると、感慨深いものがあります。

はじめてバスに乗って、ひとりで登園する朝。

ちょっと肌寒くて、バスを待っている間「まだかねえ」と意味もなくウロウロするぼく。妻が「何かこまったことがあったら先生に言うんよ」と言うと、子供は「うん、じゃあせんせいがこまったら?」と言いました。「その時は〇〇が先生を助けてあげて」「わかった」。

向こうから黄色いバスがやってきて、ぼくはちょっとドキドキしました。子供はこっちを振り返ることもなくバスに乗り込み、うしろのほうの席にちょこんと座って、窓越しにこっちを見ました。そしてバスはあっという間に走り去っていきました。

未就園児教室のときから泣いたりぐずったりすることは無かったので心配はしていなかったけど、思った以上にあっさりと行ってしまい、ぼくも妻も「行ったねえ」と、やや拍子抜けした感じで家に戻りました。

特になんのドラマもなく過ぎ去った初登園。でも、ひとりバスに乗って窓からこっちを見た時の子供の顔は、少し緊張しているように見えたし、心の中にはやっぱり不安があったんじゃないかなあと思います。

しばらくはお弁当でしたが、今日から給食がはじまるそうです。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ELVIN JONES LIVE AT THE LIGHTHOUSE

エルヴィン・ジョーンズ「Live At The Lighthouse」

基本的にぼくは、レコードはレコード屋に足を運んで買う派です。ネットを使って欲しいレコードを簡単に手に入れてしまったらツマラナイからです。

だけど唯一例外的に、某レコード屋さんのネットショップで買うことがあります。ごく稀に。そこはとても信頼のおけるレコード屋さんで価格も良心的だし、福岡ではなかなか出会えないレコードや、いままで知らなかった良盤を知れるのでたまに覗いてます。

エルヴィン・ジョーンズの「Live At The Lighthouse」を知ったのもそこですが、今まで存在すら知らなかったこのレコードをはじめて聴いた時、度肝を抜かれました。

エルヴィンのドラムは言わずもがな、ジーンパーラのベースが最高で「やっぱりジャズはベースなんだ」と再認識させてくれるし、グロスマンとリーブマンのダブルサックスは縦横無尽に吹きまくっていて、本当にかっこいい。かっこいいとしか言いようがないのです。

録音されたのは1972年だから、音楽シーンはまさにロック全盛時代。そんな中、電気化に走ることなくこんなにかっこいいジャズを演っている人たちがいたんですね。

まぎれもなくジャズなこってりスープに、ロックの隠しだれをちょっと垂らしたような、だけどロックにはすり寄ってないし、あくまでも正統派ジャズなんだけど、オルタナっぽく聴こえる瞬間もあったりして、とにかくかっこいいのだ。

ライブが録音されたこの日はエルヴィンの誕生日で、観客が「ハッピバースデーエールヴィーン♪」と歌い、とても親密な空気を流してこちらを油断させたあと、激しいテーマになだれこむ Sweet Mama のカッコよさをどうにかして伝えたいんですけど、伝わってます?

大量の魚たちが泳ぐなぞのジャケットもすばらしく、いま一番のお気に入りレコードです。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

青春を目撃した

まだ桜が散ってしまう前の話。両親が東平尾公園に桜を見に行きたいというので、みんなで行ってきました。

満開のサクラを楽しんだあと、てくてく駐車場にむかって歩いていると、テニスコートで女子ダブルスの試合をやっていました。試合のレベルはかなり高く、面白いなあと思いながら見ていると、なんと高校生の全国大会決勝戦でした。

勝負が決まった瞬間、勝ったほうのチームの子たちがわあっと泣き崩れて、その姿にじーんときました。ぱっと妻を見たら、泣いていました。たった10分、知らない子たちの試合を見ただけなのに。本物の青春のチカラってすごい。

桜といい、テニスといい、実に良いものを見せていただきました。

桜

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP