小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

日常のこと

最近の日常 0115-0131

1月15日 本を買う

博多駅の丸善で、ずっと気になっていた「神々の沈黙」を買った。3000年前まで人間は意識を持たず、神の声を聞いて行動していたという衝撃的仮説が書かれた本。人にとって意思決定が大きなストレスになるらしいから、この仮説がもし本当なら、太古の人間にはストレスなんて無かったのかもしれない。その他、3冊の本を買う。


1月17日 はじめてのおつかい

久しぶりに子供に絵本を読んだ。「はじめてのおつかい」を読むと、ぼくは決まって同じ場面で声が詰まる。主人公の女の子は5歳で、うちの子供と同じ歳だ。ひとりで買い物に行かせるなんて、まだちょっと出来ない。狭い道をびゅんびゅん飛ばす車がおるけんね。もしもこの世から車が無くなったら、実はみんな幸せになるんじゃない?


1月18日 うれしいこと

7年前にホームページを制作したお客さまから、再びリニューアルの相談をいただく。他にもたくさん制作会社がある中で、継続して相談してもらえるのは本当に有難いことです。うれしいと同時に、責任感もヒシヒシと感じる。


1月21日 ナイスゴール

子供がサッカーの試合で、ドリブルで見せ場をつくり、ゴールまで決めた。ナイスシュート!保護者vs子供の試合では、妻もナイスシュートを決めた。


1月31日 聞くこと

先日おこなった取材の文字起こし。だいたいいつもテープを聞き返しながら「そこもうちょっと突っ込んで聞こうよ」と、自分に対して思う。その場では気付けないんだよなあ。阿川佐和子さんの「聞く力」、古賀史健さんの「取材・執筆・推敲」を読むも、なかなかそう上手くはいかない。聞くって本当に難しい。

カテゴリー: 仕事のこと, 日常のこと コメントをどうぞ

最近の日常 0103-0111

1月3日 歩くこと

「お年玉で本を買いたい」と言う子供を連れて本屋へ。天気がいいので、若久の黒木書店まで歩いて行く。普段ちょっとした距離でも車に乗ってしまうけど、歩くとそれだけで楽しい。家族といっしょに歩くと、なおさら楽しい。車だといろんなことにイライラしてしまうのに、歩いてイライラすることはない。子供はお年玉で、コロコロコミックを買った。


1月4日 トランプ

コロコロコミックのおまけに付いていたトランプで遊んだ。はじめは七ならべをやって、次にババ抜きをやった。子供の素直なリアクションのおかげで、だれがババを持っているのか一目瞭然だった。ゲーム中は大笑いしたけど、2回とも負けてしまった子供が必死に泣くのをこらえていて、その顔を見て胸がぎゅっとなった。


1月8日 ヨドバシカメラ

実家用の浄水器を買うために、ヨドバシカメラへ行った。ヨドバシ.comはいつも利用してるけど、実店舗に行くのは久しぶり。駐車券を取るところが妙に狭くて怖かった。前からあんなに狭かったっけ?浄水器コーナーにいた若い店員さんはとても親切で、おかげで納得のいく買い物ができた。店員さん、ありがとう。


1月10日 幼稚園はじまる

冬休みが終わり、また幼稚園がはじまった。朝の送迎はぼくの役目だが、この日は妻もいっしょにバス停まで行く。バスを待つ間、体操服を入れた布袋をボールに見立てて、ヘディングの練習をする。バスに乗りこみ、窓からこっちを見る子供の顔は、なぜかいつも不安げだ。


1月11日 お弁当をつくる

子供はいつもより30分早起きをして、自分でお弁当をつくった。要所要所は妻が手伝ったけど、自分でメニューを考えてつくれたことがうれしそうだった。バスを待つ間、またヘディングの練習をしていると「いてっ!」という子供。布袋の中を見たら、けん玉が入っていた。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

もしかして

お待たせしました。釣りブログです。

たしか秋って一番シーバスが釣れる季節ですよね。なのに10月以降、1匹も釣れてません。SNSを見る限り、他の釣り人たちは毎日のように釣ってるから、ちゃんとシーバスはいるんです。なのに全然釣れん。

途方にくれたぼくは、グーグルで「釣れない理由」を検索しまくりました。技術的、理論的なつまらん理由が並ぶ中、ひとつだけ、はっ!とさせられる言葉を見つけました。

「魚を釣りたいなら、殺気を消さないといけない」

これや!これやー。

釣りたい気持ちが出すぎて、それがルアー越しに魚に伝わってたんやー。いわゆる第六感というやつですね。そんなわけないと言う人もいると思いますが、相手は野生の動物なので、有り得る話だとぼくは思います。

思い返すと10年前、かもめ広場ではじめてシーバスをヒットさせた時、ぼくは釣ることを半ばあきらめていて、ぼけーっとリールを巻いていたらガツンと来たのでした。御笠川で足元にいたシーバスが、竿を持ってないと逃げないのに、いざ釣ろうとすると姿が見えなくなることもありました。

よし、次は殺気を消してやってみよう。釣る気なんてさらさらない、とぼけた顔してやってみよう。結果は、おたのしみに。

カテゴリー: 日常のこと 2件のコメント

妻が人生初のシーバスを釣った日



お待たせしました。釣りブログです。表題のとおり、妻がやりました。人生初のシーバスGETです。

福岡市内某所、中潮の干潮時。早朝5時のまだ暗いなかでスタート。妻と子のタックルをセッティングしたあと、自分のタックルを準備していると妻の声が。ライントラブルかな?と思ったら、いきなり魚をヒットさせていました。水面を照らすと「シーバスやん!」

あわててタモを取りに行き、ランディング。立派な魚体の銀ピカシーバスでした。人生初の快挙にすごいすごいと興奮していると(どっちかというとぼくのほうが興奮)、その後、なんと、まさかの、2連チャン。

博多湾のシーバス 博多湾のシーバス

ヒットルアーはどちらも鉄PANバイブです。

陸っぱりからハードプラグでシーバスを釣るのは本当に難しくて、ぼくは最初の1匹を釣り上げるまでに2年かかったし、ツイッターでは「4年やってるけどまだ釣れません・・・」という壮絶なツイートも見かけました。まさか4~5回目の釣行で釣り上げるとは。しかも2匹!

ちなみに妻のルアーラインナップは「鉄PANバイブ」と「ロデム」の2個のみでしたが、釣れたらルアーを1個づつ増やすというマイルールを設定していたので、帰りに釣具屋へ寄って、また鉄PANバイブを購入していました。わかる、わかるぞー、その気持ち。

ぼく自身は残念ながら釣れなかったけど、それよりもうれしくて、楽しい釣行となりました。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ジグで釣る5歳児

お待たせしました。釣りブログです。

忙しい状況ですが、そんな時だからこそ、なんとかして週に1度は釣りに行くのです。そうやって精神を、健全に保つのです。

8月に1匹釣ってからは好調で、9月も3匹のシーバスをゲットしました。そのうちの1匹は55cmで、自己記録を更新しました。釣れない釣りは卒業したと言っていいでしょう。いいよね?

先週の日曜日は夕方に、子供と2人で某ふ頭へ行ってきました。ダイソーで買ったマイクロジグとジグサビキをセットして、子供に「ちょっとこれでやりよって」と渡しました。

その横で自分のタックルを準備していると「きたー!」という子供の声。海藻でもひっかけたかな?と思ったら、いきなりアジを釣りあげていて、一瞬自分の目を疑いました。

ダイソーのジグサビキでアジを釣る

その後もアジを連発。5歳児にも釣らせるダイソーのマイクロジグおそるべし。釣れるというウワサは本当でした。

その日シーバスはダメだったけど、ぼくもジグ&ジグサビキでアジを釣って楽しみました。

オキアミ使うと手が汚れるし管理も大変だから、子供と釣りをする時は、ジグとジグサビキの組み合わせが手軽でおすすめです。釣れるし、なんといっても100円ですから。

ダイソーのメタルジグマイクロとジグサビキ

カテゴリー: 日常のこと 2件のコメント

地底に潜る



所用で広島へ行った帰り道、岩国にある地底王国美川ムーバレーに行ってきました。知ってますか?美川ムーバレー。ぼくは知りませんでした。簡単に言うと、鉱山の跡地をレジャー施設にしたものです。

行く前はそれほど期待してなくて、ひょっとしたら子供が喜ぶかな?程度に考えていたらトンデモナイ、子供も楽しめて、大人も興奮できる場所でした。

実際の鉱山跡地だから、暗くて長ーい道の頭上からぽたぽたと水が落ちてくるし、ところどころにある立ち入り禁止場所には、実際に抗夫たちが使っていたトロッコがそのまま残されています。レールの先は果てしない暗闇で、コウモリも飛んでいました。

夏目漱石の小説「抗夫」に書かれている鉱山の奥底へ降りていく描写がすごくて、それを読んだ時に想像した脳内イメージと、美川ムーバレーの景色が頭の中でリンクして、ちょっとした感動を覚えました。その勢いで思わず「筑豊・最後の坑夫たち」という写真集まで買ってしまいました。

基本は子供向けの謎解きアドベンチャー施設ですが、鉱山の中の世界を覗いてみたい大人にもおすすめです。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

5歳



子供が5歳になりました。ブログに写真載せてもいい?と聞くと、メガネかけとるけんいいよと許可を頂きました。

5歳ともなるといろんなことが出来るようになって、ずいぶん成長したなあと思う反面、一緒に手をつないで歩いていると、まだまだちっちゃいなあとも思います。

もうすぐ運動会があって、はじめてのリレーに挑みます。バトンを受け取る前のあのドキドキを想像して、見てるこっちも緊張しそうです。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

1日にシーバスを3回もヒットさせた話

お待たせしました。釣りブログです。実は今朝に一度公開したのですが、読み返すとハシャギすぎ感が否めなかったので、冷静に編集をして再投稿です。

なぜハシャギすぎてしまったのか。

こういうことです。



最近のぼくは週に1回程度、朝はやく起きて朝マズメの時間帯だけ釣りをして、帰って9時から仕事をするという「朝釣りスタイル」を確立しています。

先日も朝4時にむっくり起き上がり、福岡市の某所へ繰り出しました。タイドグラフを見ると小潮だったので、今日も期待できんなあとか思いながら投げていると、ガツン!とヒットしました。

慌てるぼくをあざ笑うかのように、シーバス君は見事なエラ洗いを1発決めて、バレてしまいました。ひさしぶりのシーバスヒット。ちょっと足震えたわ。

周りの目を気にしてノーダメージを装いつつ、再び投げ続けているとまたゴツン!ときます。一瞬根がかりかと思うほどの衝撃。今度はバラさないようにしっかりラインを張るも、またもやエラ洗い1発でバレました。

その後の3度目の正直が、さきほどの写真です。ヒットルアーは3回ともコアマンPB20。しばらくの間、ぼくはこればっかり投げると思います。コアマン最高。

この日は周りの人たちも釣れていたから、きっとその場所とその時の条件が良かったんでしょうね。釣れた理由をあれこれ考察するのも、釣りの楽しみのひとつです。

1日に3回もヒットして、しかもどれもまあまあのサイズで、ぼくのシーバスフィッシング史上最高の1日でした。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

すっかりアウトドアな方向にシフトしている

釣りを再開して以来、頭の中の35%くらいの領域で、常に釣りのことを考えています。仕事でもプライベートでも、移動中に遭遇する川や水路にいちいち「うわ、ここ釣れそうー」と興奮してしまいます。

今日も打ち合わせ場所の近くに小さな川があったのでチェックすると魚がうようよいました。ほとんどがボラだったけど、たぶんチヌと思われる魚体も確認できたし、やる気のないシーバスも1匹目視できました。今度竿もって来てみよう。

そういえば愛宕浜に家族で行って、サビキで小さい魚を10匹くらい釣りました。子供も自力でイワシをダブルゲットしました。妻はイワシの他、キビレやカマスも釣っていました。釣れない釣りもいいけど、釣れるとやっぱりたのしいね。

愛宕浜は福岡タワーを見ながら釣りができて、トイレもあって、釣りに飽きた子供が遊べる岩場もあって、ファミリーフィッシングに最高の場所です。あとはルアーでシーバスが釣れたら文句なしだったんだけどねー。シーバス釣れん。



と思っていたら、でかいシーバスを右手にぶら下げて歩いてくるルアーマンの姿を発見。話を聞くと、もう帰ろうと思ってレンジバイブを投げて適当に巻いてたら釣れたんだって。すげー。サイズは62cmとのことでした。「持って帰って食べます、妻は嫌がりますけど、ははは」と、誇らしげに帰っていきました。いいなあ。

そして今年も、子供の幼稚園の友だち家族(パパさんが虫のプロフェッショナルなのです)と一緒に虫捕りに行ってきました。背振山の山頂へ行ったんですが、平地では見られない珍しい虫がたくさんいました。

そしてなんと、エゾゼミも捕まえることができました。背中にマクドナルドのマークが刻印された珍しい蝉です。こいつを捕まえるのがどれほど難しいかは「香川照之の昆虫すごいぜ」を見ている人なら分かると思います。ぎーぎーと独特な鳴き声、鮮やかなMマーク。子供と少し触れ合ってもらった後は、解き放ってバイバイしました。



やっぱり海とか山へ行くと気分が良くて、日ごろのストレスから解放されます。街へ戻ってきた途端、横着な運転をする車にイライラしてしまい、あーやっぱり俗世は生きづらいなあと痛感した次第です。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

釣れまへんなあ

ひさしぶりに友人のサトちゃんと釣りに行ってきました。結果から言うと、2人ともノーバイトノーフィッシュ。今回も釣れませんでした。はー。

ぼくが狂ったようにシーバス釣りをやっていたのは結婚前だから、もう5年以上前ということになります。それ以来やっていなかったのでもはや感覚が鈍りまくり、シーバスって本当に釣れるんかいな?状態です。

でもね、釣れなくても楽しいのだ。まずはサトちゃんの事務所の近くにあるサーフでやったんですが、かなり気持ちよかったです。都市部の港湾や河川も好きだけど、ぱーんと開けた砂浜で思いっきりキャストするのは最高やね。釣れてないけど。



そのあとは当時よく行った都市部の河川へ。そこは壁に設置されたハシゴを降りないといけないポイントで、当時はなんの迷いもなく降りていましたが、46歳になってそのハシゴを目にした我々は「・・・やめとこか」と、勇気ある撤退を選びました。ラストの港湾部も空振りでゲームセット。

今回、シーバスのエサという別名をもつ秘密兵器ルアー「コアマンVJ」を投入したのにかすりもせんとは、よっぽどヘタなんでしょうね。くそう。

釣れなかった帰り道はどっと疲れますが、数時間後にはもう次の釣行に思いをはせるのでした。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ
123...10...Last

PAGE
TOP