小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

映画や音楽のこと

カメラを止めるな

カメラを止めるな

話題の映画「カメラを止めるな」を観ましたよ。予備知識ゼロで観たほうが絶対によいと聞いたのでそうしました。実際見て、その意味がわかりました。とても斬新なつくり。面白かったです。

この映画を観たら、ツマラないと感じる作品(それが映画だろうが何だろうが)に対して、きっとやさしい気持ちになれます。リスペクトすらできるかもしれない。そして、だれかと一緒に、何かをつくりたくなる。

帰り道、夜の高速道路、ひとりだったんでジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンを聴きました。Now I Got Worryです。出だしにいきなりジョンさんが「ああああーーー」と叫ぶやつです。ぼくはもう42歳なので、一緒にああーーとは叫びませんでした。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

中学生シンガーソングライターにハマる

sakiyamasoushi

最近話題になっている中学生シンガーソングライター崎山蒼志くんの歌に、昨日からハマっています。中毒性があって何度も見てしまう。詞も歌い方もすでに自分の世界観を確立している。やあ、すばらしくてかっこいい。

中学生の男なんてだいたい調子に乗ってカッコつけてそれでいて中身はスカスカじゃないですか。ぼくもそうでした。しかし崎山くんはごくごく自然体で一見ふつうの少年なのに実は凄いっていう、一番かっこいいパターンだもんなあ。まいったなあ。見た目はちょっと昔の向井秀徳さんっぽい感じもあるね。

きっとこのまま歌の世界へ出ていくんだろうけど、どうか周りの人たちが不必要な音を足しすぎたり、余計なアレンジをしたりしませんように。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

映画バスキア

movie

バスキアの映画を観ました。ここ数年で観た映画の中でも上位に食い込む傑作でした。

ぼくが20歳のときの映画で、当時デビットボウイがウォーホル役をやって話題になっていたのを覚えてます。他にもゲイリーオールドマンやデニスホッパーも出ていて超豪華な顔ぶれ。さらにバスキアにインタビューするだけの役でクリストファーウォーケンも出ていて、おおーとなりました。そのインタビューシーンは強烈です。

あまり過程を説明しない、ぶつ切りの編集も良かったし、映像の雰囲気もよかったし、役者もよかったし、あー観てよかった。悲しい映画ですけどね。

カテゴリー: 映画や音楽のこと 2件のコメント

ブレードランナーの話

ブレードランナーのことをとても退屈な映画だったと2011年にこのブログで書きました。かもめ食堂は面白かったけど、ブレードランナーは退屈だったと。

たしかに当時はそう思いました。よくわからんなあと。そのあとたぶん2回くらい観返したけど、やっぱり面白いと思えない。でも理解できない難解さも含めて、だんだんクセになっていきました。そういうことってありますよね。

昨年に続編「ブレードランナー2049」が公開されて、だいたい続編って期待を裏切るから行かなかったんだけど、ブレランを愛する映画好きの方が「よかった」と言っていたので、先日ゲオで借りて観ました。面白かったです。

レプリカントがボトっと産み落とされるシーンはこわかった。生命への冒涜感がすごい。宮崎駿さんが観たらきっと怒るでしょう。また元祖ブレランが観たくなりました。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

ひさしぶりの映画館とバスキア

bas

随分ひさしぶりに映画館へ行きました。しかし博多駅の映画館の人の多さは、福津のそれとは比べもんになりませんね。グレイテストショーマン観たんですけど、ほぼ満員でした。

ぼくはこれまでどうもヒュージャックマンが好きになれなくて、それでこの映画を観る前もヒュージャックマンかあ・・・と思ってましたが、今回は役にぴたっとハマってました。最初から最後まで歌の力に圧倒されるイイ映画でした。

event

その後、妻がキースへリングの展示会みたいなのに行きたいと言うので行ってみました。グッズ販売がメインで、山梨のキースへリング美術館の人たちが来ていました。キースヘリング、ぼくが小学生のときに流行って、あのイラストが描かれた布製のリュックを持ってたっけ。

販売グッズの中に額装されたバスキアのポスターがあって、一目で気に入り購入しました。

カテゴリー: デザイン&アートのこと, 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

ビッグアイズ

big

先日、映画ビッグアイズをみました。

ある女性が「目の大きな子供の絵」を描いていて、それを口の達者な夫が自分が描いてるとウソをついて売り込み、どんどん有名になっていく話です。

作品は売れてお金持ちになるけど、自分がそれを描いていると公言できない作者の苦悩。お金だけじゃないんですよね。作品への愛があればなおさら。

ぼくもお客様と一緒に作り上げたホームページひとつひとつにとても思い入れがあるから、自分が携わったと公言できなかったら、なかなか寂しいものがあります。もちろん諸事情で公表できない仕事もありますけどね。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

ブルーに生まれついて



チェットベイカーの伝記映画「ブルーに生まれついて」のブログをアップし忘れていました。だいぶ前に観たんですけど、なかなか良かったですよ。

チェットさんは麻薬でボロボロになり、売人に殴られて歯をなくして引退しますが、奥さんに支えられてカムバック。復活ステージにはマイルスの姿も。緊張とプレッシャーで吐くチェットさん。目の前には止めたはずの麻薬が・・・やってしまうのか?こらえるのか?ラストの演奏シーンは必見です。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

エンドロールは波の音だけ

orange

おしゃれインスタ女子みたいな写真を貼り付けてみました。妻が福津の手づくり市で買ってきた、パン屋「ORANGE」のパンです。ぼく的にメロンパンに関しては、ここのが一番おいしいです。

ところで話は変わりますが「あの夏、いちばん静かな海。」も、すごくいい映画ですよね。あの淀川先生も愛した名作です。エンドロールが波の音だけという、キタノタケシのセンスよ。

anonatsu

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

映画とドーナツ

popeye

他人の「好きな映画」の話を聞くのが好きなぼくです。ポパイをテーブルの上に置いてたら、妻が設置した無印のディフューザー(しゃれとろ)の蒸気でぶよぶよになりました。‎

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

北野武監督に伝えたい

takeshi

3-4×10月は北野監督の最高傑作だと言いたい!声を大にして言いたい!ソナチネもいい映画で大好きだけど、繰り返し観ると、断然こっち!

しかし、よくここまでバッサバサと大胆な編集ができたなあと驚きます。北野監督は黒澤監督との対談で、省略の美学について語っていて、ビビっちゃうといらないシーンをつい入れてしまうと言ってます。

デザインにもこれと同じことが言えるかもしれない。本当はいらない要素、つい置いちゃうんですよね。

今回ゲオで借りたDVDは、まるで新品みたいにピカピカで、やっぱり人気ないんだな・・・と悲しくなりました。いつか福津の焼き鳥屋さんで、北野監督にばったり会ったら、いかに3-4X10月のことが好きか、ぼくのつたない日本語を駆使して伝えよう!と、心に決めています。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP