小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

2018年11月の記事

ボヘミアン・ラプソディ

bohe

日本のドラマは説明しすぎだし、悪い人が悪い演技をしすぎだし、もっと視聴者を信用してほしいよなあ、と愚痴をこぼしていたぼくですけどね。もしかしたらぼくもホームページをつくる時、説明しすぎているんじゃないか?と、ふと思ったり。

伝わるホームページづくりをモットーにしていますが、場合によってはもっと想像の余地を残したほうがいいかもしれない、ユーザーをもっと信用したほうがいいかもしれない、とかいろいろ考える、秋の夜長です。

話題の「ボヘミアン・ラプソディ」観ました。クイーンの曲ってすばらしいなと思いました。CMとかではよく耳にするけど、ちゃんと聴いたこと無かったから。感動したなあ。それで昨晩、我が家ではフレディマーキュリーさんの真似をして、リビングを練り歩く遊びが流行りました。

カテゴリー: 仕事のこと, 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

おとうさんをマスターした

ラジオからスピードラーニングのCMが流れてきたので「聞きながすだけで英語がマスターできるとか本当かねえ」と言ったら、妻が「カンタンお手軽レシピなんかは大抵美味しくない」と言いました。うむ、そうだよね。デザインだってそうやもんね。

言葉といえば先日、ついに子が「おとうさん」と言いました。まだしっかりと発音はできていないけど。「おとーたーん」と言いながら仕事部屋に向かってくる声を聞くと、つい「はいはいー」と相手をしてしまいます。はい、仕事ですよね。やります!

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

海と一輪車

ある晴れた日の昼下がり、ぼくは工事現場用の一輪車を押しながら、海へと向かっていました。

「海に一輪車と子供なんてどうでしょう?」と、江上さんに言われて、ぼくはやられたなあと思いました。ホームページのプロフィール欄は、本人の写真を使うものだと決めつけていたぼくには、絶対に思いつけないアイデアです。

そのあと、頭の中に画が浮かんできました。青空と海と砂浜、そしてポツンと子供と一輪車。

海と一輪車とこうすけ

気持ちのいい青空の日がやってきて、よし行こう!と、お借りした一輪車を積んで出撃しました。現場で使い込まれてきた一輪車は、いい味を出しています。海には数人のサーファーしかいなくて、ロケーションはバッチリです。

ところが、子供が自由気ままに動き回って、なかなか思うように撮れません。用意したヘルメットも、すぐに脱ぎ捨てます。これは難しいぞ・・・と思ったけど、逆にコントロールできないおかげで、想定外の構図が撮れて、結果それが一番良い写真になったりするからわからないものです。

海辺に一輪車というミスマッチ空間であたふたしているぼくらのことを、サーファーたちは不思議そうに見ていました。

カテゴリー: 仕事のこと 2件のコメント

BALMUDA The Gohan

連日、カルロスゴーンさんの顔をやたらと見るので、妻に「カルロスゴーンがミスタービーンに似てるの知ってた?」と聞いたら、もちろん知ってました。有名なんですね。

ところで先日、バルミューダの炊飯器が我が家にやってきました。とあるキャンペーンで頂いたのです。その名も BALMUDA The Gohan です。キャッチコピーは「蒸気のちから、それだけ」。やってくれそうな雰囲気です。

balmuda

さっそく翌朝、炊きたてのバルミューダ米を食べました。

うむ、なるほど、正直、そんなに違いはわかりません。でもたしかに粒立ちが良く、固めのパラパラごはんが好きなぼくには良い感じでした。卵かけごはんにしたら最高でした。

しかしこの炊飯器、3合までしか炊けません。保温機能を省き、いちばんおいしい炊きたてをその場で食べ切るべし、というバルミューダの哲学です。まあわかるけど、子が食べ盛りになったら間に合わんよね。

カテゴリー: 日常のこと コメントをどうぞ

ムンク展がおもしろそう

munk

東京都美術館でやっているムンク展に行きたくなりました。なぜ行きたくなったかというと、ハライチ岩井さんのムンク展へ行った話がとても面白かったからです。

こんな風に美術を語れるってすごいな。ムンクの絵がどんどんうねっていくのを、この目で見たくなりました。そしてぼくも「叫び」のところで、うひゃーてなりたい。

普段、東京に憧れることなんてないけど、こういう時は純粋にうらやましいなと思います。

カテゴリー: デザイン&アートのこと コメントをどうぞ

たったひとつ

kosi

ガシガシとコーディング中、苦労してやっと思い通りの動作ができた!と思いきや、ひとつの不具合を発見してしまい、そいつがなかなか解決できず途方にくれました。

これは根本からやり方を変えるしかないのか?ここまで結構な時間をかけたのに。うーむ・・・と、画面をにらみながらミニサラダ塩味をかじっていたら、はっ!とひらめき、たったひとつ、コードを書き足してみたところ、てってれー。あっさり解決しました。

思わず、ユベントス相手にロングシュートを決めたローマ時代の中田選手ばりに「よっしゃー」って言ったよね。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

忙しいシーズンがやってくる

blog01

下町ロケットは第2話がピークだったなあとか思いながら、仕事に励んでいます。毎年そうだけど、何やら年末に向けて忙しくなってきました。ひとつひとつ、しっかりこなさんといかん。

それにしてもマックにソフトクリームがあるなんて、しかもそれが割と濃厚で美味しいだなんて、100円だなんて、知らなかったなあ。子にもちょっと食べさせたら、クレクレ攻撃が止まらなくなりました。また食べようね。

カテゴリー: 日常のこと 2件のコメント

コルトレーンの音

coltrane

ジョン・コルトレーンのテナーの音が好きです。ちょっとねっとりした深みのある音。コルトレーンの演奏はどれを聴いても絶対にダサくならないから、やっぱり偉人だなと思います。

結構たくさんジャズを聴いていると、メロディーラインが古臭かったり、ダサく感じてしまうものもあるんだけど、コルトレーンの場合それは無い。マイルスにも同じことが言えます。

ジャズ通のタモリさんや村上春樹さんがコルトレーン嫌いを明言していて、最初のころはぼくもその意見にすこし引っ張られ気味だったけど、しばらくして「やっぱりコルトレーンは凄いじゃないか」と、素直に聴けるようになりました。どうやら彼らも、コルトレーンを神様扱いする風潮に反発していただけみたいですね。あまのじゃくな二人だから。

先日ふらっと立ち寄ったお店で「Blue Train」が流れていて、思わず立ち止まって聴いてしまいました。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

イラストのお仕事

自転車ボーイ

ブログでイラストを描いたり、クライアントのWEBサイトでイラストを描いたりしているうちに、イラストの仕事がちょっとづつ増えてきました。

教科書やノートは落書きだらけだった小学生時代「マンガ家になりたいなあ」なんてぼんやり思っていたけど、いつのまにかそんな夢は忘れ、気が付いたらWEBデザイナーになってはや16年。そして今、時々でも絵の仕事がもらえるようになって、小学生のぼくがそれを知ったら喜ぶでしょう。

しかしあれですね、もうそろそろ年賀状のことを考えないといけないですね。

カテゴリー: 仕事のこと コメントをどうぞ

とてもいい一日

ロゴデザインとWEBサイトのデザインが出来たのでお見せしたいのですが、と連絡をしたところ「もしよかったら、今日はいかがでしょう?」とのお返事。急遽、佐賀へしゅっぱつー。

いまから佐賀に行ってくると妻に告げると、わたしたちも行くと言うので、原田家オールスターで行きました。打ち合わせの間、妻と子は近くのイオンモールへ。

デザインはとても気に入ってもらえて、ぼくもハッピーな気持ちになりました。お客さまに喜んでもらえた時、それまでの苦労はぜんぶ吹き飛びます。夕方、イオンで合流後、みんなでご飯をたべて、普段はやらないスクラッチくじを1000円分やりました。

kuji

なんと1200円当たりました。200円のプラス!

そして200円でガチャガチャをしたら、狙っていたアンパンマンの人形が出ました。帰りの車で子はぐっすり。帰宅後、サッポロビールと知床で買った鹿ジャーキーで祝杯をあげ、とてもいい一日になりました。

カテゴリー: 仕事のこと, 日常のこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP