小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

ジャズとレコードのこと

センスが溢れてこぼれている

ブルーミッチェルの「BLUE’S MOODS」は、タモリさんが選ぶ名盤トップ20にも名を連ねる人気盤で、ぼくも好きなレコードです。

blue

なんといっても1曲目「I’ll Close My Eyes」が良くて、ウィントン・ケリーのピアノに惚れ惚れします。センスが溢れてこぼれている。サム・ジョーンズのベースもすこぶる快調です。

メロディーは甘いけど、甘くてもいいやん。ジャズの楽しさ、美しさを、これほどわかりやすく味わえるレコードはそんなに無いんだから。

とか言いながら、最近は逆に甘さひかえめ、ジャズファンにも人気の無い「迷盤」にも手を出しています。たとえばソニー・ロリンズの「Our Man in Jazz」。

sonny

ソニー・ロリンズがフリージャズに挑戦して失敗したと言われてる不人気レコードだけど、ぼくは好きです。

フリーっぽいことをやっても、やっぱりロリンズはロリンズで、歌心が抑えきれずに溢れ出ちゃって、唯一無二のユニークなジャズになっています。面白いと思うけどなあ。

ぼくのは古いペラジャケで、裏面の解説文に「~したのであります。」とか書いてあって、時代を感じるのであります。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

ジャズ・イン・トーキョー

jazz

東京は人も多いけど、レコードも多いなあ。レコード屋を出たら、いちいちキレイキレイで手を除菌する、手けっぺきのぼくです。

ノルウェイの森に出てくるジャズ喫茶「DUG」にも行きました。ここに村上春樹さんや和田誠さんが通ったのかあと思いながら、コーヒーを飲みました。良い雰囲気でした。

新宿ピットインで、人生初のジャズライブも体感しました。

pitinn

それはそれは素晴しかったです。山岸笙子さん(P)林正男さん(B)田村陽介さん(Ds)というピアノトリオだったんですけど、演奏がはじまって「ああ、ジャズだ!」と、ぼくは感激してしまいました。

普段、おいしい料理に出会ったら、なるべくお店の人に「美味しかったです」と伝えるように心がけているぼくは、この日、わざわざ客席まで挨拶に来てくれた演奏家の方に何も言えず、ペコっとよそよそしいお辞儀だけしてしまいました。あー情けない。

ぼくの夢はいくつかありますが、ひとつはニューヨークの「Village Vanguard」でジャズを聴くことです。でもまだまだ修行が足りないから、もっとジャズを知って、人生経験を積んで、いつか、行きたいな。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

はじめてのジャズバー

撮影の仕事がおわった後、はじめてジャズバーに行きました。カメラマンの黒川さんと一緒に。

そこはジャズバーらしいジャズバーで、カウンターの後ろには2000枚のアナログレコードがぎっしり。JBLのスピーカーから良い音でジャズが鳴っています。

カウンターに座ってしばらくすると、マスターが「何聴きたい?」と聞いてくれました。ついにきた!この時が。ぼくはずっと、はじめてリクエストするのはマイルスのリラクシンと、心に決めていたのです。

針を落とした後、ジャケットを手渡してくれたので見ると、ぼくのと同じビクター盤(SMJ6532)でした。なのにこんなにも音が違うのかっていうくらい良い音で鳴っていて、最高でしたね。

その後もマスターおすすめのレコードをたくさん聴かせてもらって、中でもジョニーグリフィンのThe Kerry Dancers、ハンク・モブレーのRoll Callがよかったな。Roll Callは、マスターが無人島に1枚だけ持っていくならこれっていうくらい、好きなレコードなんだそうです。
bluenote

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

楽しいジャズ

lp

最近「サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ」をよく聴いているぼくです。1曲目のベースソロにあわせてお客さんが歌っちゃうところがあるんだけど、いいんだなあ、これが。実に楽しそうなんです。

眉間にしわを寄せながら聴くコルトレーンも良いけど、こういうのを聴くとジャズライブに行きたくなりますね。

先日、宗像ジャズっていうイベントがあったのでわくわくしながら行ってみたら、なぜかジャズは演ってなくて、引き語りとかゴスペルが流れていました。時間帯が悪かったのだろうか。ジャズのライブ、行きたいな。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

コルトレーンの音

coltrane

ジョン・コルトレーンのテナーの音が好きです。ちょっとねっとりした深みのある音。コルトレーンの演奏はどれを聴いても絶対にダサくならないから、やっぱり偉人だなと思います。

結構たくさんジャズを聴いていると、メロディーラインが古臭かったり、ダサく感じてしまうものもあるんだけど、コルトレーンの場合それは無い。マイルスにも同じことが言えます。

ジャズ通のタモリさんや村上春樹さんがコルトレーン嫌いを明言していて、最初のころはぼくもその意見にすこし引っ張られ気味だったけど、しばらくして「やっぱりコルトレーンは凄いじゃないか」と、素直に聴けるようになりました。どうやら彼らも、コルトレーンを神様扱いする風潮に反発していただけみたいですね。あまのじゃくな二人だから。

先日ふらっと立ち寄ったお店で「Blue Train」が流れていて、思わず立ち止まって聴いてしまいました。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

ジャズを感じるレコード

reco02
record

最近はこのレコードをよく聴いています。The Great Jazz Piano of Phineas Newborn Jr。

2年ほど前にジャケ買いしたレコードで、値札に無愛想な店主が書いたと思われる「コンテンポラリー・黄色ラベル・溝あり」を見て、これは良い音がするに違いないと思ったら、本当に良い音がしました。

ぼくはこのレコードからすごくジャズを感じます。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

ぼくの好きな某レコード屋の話

入口のドアには、いつの時代のものか分からないポスターやチラシが、ベタベタと貼ってある。オシャレさから遠ければ遠いほど、そのレコード店への信頼度は増すのだ。

中に入ると、古本とはまた違う、中古レコード特有の匂いがプンとします。とにかく狭いうえに、ダンボールが無造作に積まれているから、他のお客さんとすれ違う時は命がけです。この前なんて、ダンボールの置きすぎで、背中にリュックを背負ったままだと通ることすらできませんでした。媚びてない。それに対して文句を言う野暮な客なんて、もちろんいません。

ダンボールの中には買い取ったレコードが無数に詰まっていて、無口で無愛想な店主(いらっしゃいませとか一切言わない)に値札を付けられるのを待っているのだ。

そしてなんといってもこの店最大のグッドポイントは、ネット販売を一切やっていないのだ。せっせと店に足を運んだ者だけが、商品を見て買うことができる。これが良いんですよね。

WEBサイトをつくる仕事をしているぼくが言うのもアレですけど、インターネットでポチっと、なんでも欲しいものが買えるのってツマランですよ。

今日は何があるかなーと、ワクワクしながらドアを開け、レコードをぱたぱたとめくっていき、欲しかったレコードのジャケットが目に飛びこんでくる。その高揚感こそが買い物の醍醐味ですから。

sara

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

ビートルズのレコードを買う

record_beatles

たまにはジャズ以外も聴きたくなって、ビートルズのレコードを買いました。ビートルズのレコードは初めてで、国内盤と海外盤の音の差、品番のちがいとか全くわかりません。

店員さんに聞いたら親切にいろいろと教えてくれました。US盤はパンチある音づくりをしているのが特徴で、曲順がオリジナルと違ったり、変なエフェクトをかけてることがあるので要注意だとか。ぼくたちは国内盤の音を聴いて育ってるから、国内盤の音を「ビートルズの音」だと記憶しているとか。なるほどなー。勉強になります。

ちなみに店員さん、同じアルバムを盤ちがいで4枚持ってたりするそうです。ディアゴスティーニが出すシリーズもどんな音か気になって買っちゃうからキリがないです、と笑っていました。話す言葉に音楽愛が溢れていて、そのレコード屋さんがまた好きになりました。

そして国内AP盤のラバーソウルを、1枚買ってみました。月曜日の朝、早速ターンテーブルに乗せるぼく。これまで何度も耳にしてきたビートルズの曲が、レコードで聴くとまた一味違ってきこえます。1曲目はDrive My Car。1週間を元気よくはじめるのにうってつけのレコードだ。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

上手いか下手かはあまり重要じゃない

monk
モンクの「Thelonious in Action」を最近よく聴いています。モンクのピアノももちろん良いんだけど、それに絡むグリフィンのテナーがまた良いのだ。

ジャズファンの中にはモンクしか認めないという頑固者がいたり、他のジャズは苦手だけどモンクだけはなぜかいけるっていう人もいる。なぜだろう。ちなみに、モンクなんて下手クソだ!と批判した批評家がいたらしいですけど、音楽や絵を「上手いか下手か」でした判断できない人は、実に不幸だなと思います。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

激しいけどうるさくはないFOUR&MORE

fourandmore

マイルス・デイビスのFOUR&MOREは不思議なレコードです。ライブ演奏は激しくてとても熱いけど、うるさくない。

だれかがFOUR&MOREはBGMとして聞き流すことができないレコードだと言っていましたが、ぼくはぜんぜんBGMにできます。もちろん音量上げたらうるさいけど、それはどのレコードも一緒ですもんね。

逆にスタジオ録音のゆるい演奏でも、ホーンやドラムの音がうるさく感じて聴かなくなったレコードもあるから不思議です。うるさいか、うるさくないか(耳に心地いいかどうか)は、単に音量や音数の問題じゃないようです。

ドラムのトニーさん、この時なんと18歳。鬼のマイルスのうしろでこんなにノビノビ叩ける18歳って、どうやったらなれるんでしょう。

カテゴリー: ジャズとレコードのこと コメントをどうぞ

PAGE
TOP