小さなデザイン事務所のまじめなホームページ制作

映画や音楽のこと

パターソンは100点満点の映画だった

静かな映画が好きです。淡々とした日常を丁寧に描いた、リアルな感触のある映画。そういう映画ってなかなか無いんですけど、先日ひさしぶりに大当たりを引き当てました。ジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」です。

バスの運転手をしながら詩を書いている男の日常を淡々と描いている映画なんですが、これが本当に素晴らしくて、見終わったぼくは最高の気分になりました。

レビューを見るとぼくと同じように興奮している声もあれば、逆に「退屈な映画」とか「ぜんぜん面白くない」という声もあります。そういうのは人それぞれだから全然いいんだけど「自称おしゃれな人が通ぶって見る映画」という声には、心の底から反論させて頂きます。

全然そんなんじゃない。そんなんじゃないんだよ。パターソンは、ただただ静かで、美しい、まさに「映画」でした。

印象に残っているシーンはたくさんあるけど、特に好きなのは詩を書く少女に出会うシーンとか、コインランドリーでラップしてる人に出会うシーンとか、奥さんがギターで歌うシーンとか。ただバスを運転するだけのカットも綺麗だし、ラストのカットも綺麗だし、とにかく全部いい。100点!

まるで自分だけのための、宝物のような映画でした。30本観てようやく1本あるかないかぐらいの確立だけど、こういう体験を求めてぼくは映画を観るんだ。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

もっとのびのび書いていく宣言

いざブログを更新しようと思ってカタカタ打ちはじめるも、こんなことブログに書く必要あるかな?ないよね、と思い画面を閉じる。そんなことを繰り返しているのが、ここ最近のぼくです。

いかんいかん、もっと自由に、のびのび更新していこう。腹が立ったら、腹が立ったと書いていこう。つまらん映画を観たら、つまらなかったと書いていこう。それでもしかしたら誰かが不愉快に思うかもしれないけど、それを意識しすぎたら何も書けないじゃないか。よし、書こう。

amazonプライムでエヴァンゲリオンの映画を観てみたら、まーヒドイもんでした。今までちゃんと作品を観たことないくせに庵野さんのストイックな仕事ぶりを見ていいなと思ってたんだけど、肝心の作品が・・・。セリフはひどく、音楽もダサい。途中で観るのをやめました。

amazonプライムといえば、おいしい給食が面白くてハマったんですが、シーズン2は全然ダメでした。作り手が変わったのかな?というくらい1の良いところがことごとく失われていてガッカリしました。続編あるあるですね。でも1の世界観は好きです。

今年はあまり映画を観なかったなあ。あ、妻と子供が実家にお泊りしたとき、ひとりで夜中に「悪魔のいけにえ」を観ました。


ニューヨーク近代美術館にマスターフィルムが永久保存されているホラー映画の傑作です。あれは良かった。あとはなんだろう。グッドフェローズも印象に残りました。狂犬トミーが怖すぎて。あとは、うーん、思い出せない。

来年はもっとたくさん映画を観るぞ。だけど自分にピタッとくる映画ってなかなかないんだよなあ。だからぼくはお気に入りの映画を繰り返し観てしまいます。「3-4×10月」は今年も3回ぐらい観ました。あんな大傑作を当の北野監督は「失敗作」と語っているのが面白いですよね。本人が傑作だと思うようなものは意外とやりすぎててつまらなかったりするものです。

さて、こんなブログを年末に更新する必要があるのか?ないよね、と思いながら投稿ボタンぽち。

カテゴリー: 映画や音楽のこと 2件のコメント

青春を持ち帰る

ローファイものを聴き漁っていた20代の時、ぼくのアイドルはスティーブ・マルクマスとルー・バーロウでした。

そのルー・バーロウも55歳になり、いまだローファイ音楽家として活動していて最高なのですが、彼が自宅のベッドルームでボロボロのフォークギターで弾き語りをするナイスな動画の再生回数はなんとたったの800回。

先日テレビをつけたら歌番組をやっていて、今って曲を紹介するとき「再生回数〇〇万回」って紹介するんですね。そして世間のヒット曲は再生回数1億とかあるのに、ルー・バーロウは800です。

逆にルーさんが1億だったらなんか嫌なので、別に800でいいんですけどね。ルーさんのギターの弦は全然ピカピカしてなくて、やっぱり信頼できる人だと思いました。

最近のぼくはデジタル嫌いが加速しています。実家で眠らせていた膨大な量のカセットテープを、ひーひー言いながら持ち帰ってきました。高校時代、今は亡き薬院ウッドランドでせっせとCDを借りて録音してきたぼくの青春です。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

トトロはすごい

ぼくも妻もジブリファンなので家にいくつかDVDがあるのですが、最近子供がとなりのトトロに激ハマリして、飽きることなく何度も繰り返し見ています。

ぼくもたまに一緒に見るんですが、トトロってすごいですね。めちゃくちゃ良いですね。国民的人気アニメをつかまえて今更何言ってんの?って感じですが、トトロの良さがわかったのって、実は最近なんです。

昔はあんまり好きじゃなくて「なんでジブリの代表作としてトトロがいつも挙がるんだ、断然ラピュタやろ!」と憤慨していたのですが、いやいやトトロは良い。最初から最後までずっと名場面。どこを切り取っても面白い。

たぶん自分が親になったことが大きいんでしょうね。もちろん親じゃなくてもわかる人はたくさんいると思いますが、ぼくはそのへんの感覚が鈍い人間なので、子供を持ってやっと理解できたんだと思います。

メイとサツキがばあちゃんの畑でたくさん野菜を採って食べるシーンがあります。それを見ながらぼくが「豊かやなあ」とボソッとつぶやくと、子供が「ゆたか?ゆたかってなに?たからものがいっぱいってこと?」と言って、いやあー君はたまにすごいことを言うねえ、と驚きました。

後日またトトロを見ていて気づいたんですが、野菜のシーンでサツキが「おばあちゃんの畑って宝の山みたいね!」と言っていたんです。なるほど、そのセリフを覚えていたんだな。

ちなみに一番好きなのは、雨のバス停でトトロに会うシーンです。傘があることで最初トトロの足しか見えないという演出。天才。

カテゴリー: 日常のこと, 映画や音楽のこと 2件のコメント

ブルーノート・レコード ジャズを超えて

ブルーノート・レコード ジャズを超えて

観てきました。ブルーノートの歴史をジャズの偉人たちが語っていて、とても興味深かったです。

創設者の2人、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフは、本当に偉大なことをやったんだけど、本人たちにはきっとそんな意識はなくて、ただジャズが好きで、ジャズミュージシャンが好きで、子供のような気持ちでレコードをつくっていたんじゃないかな。

レコーディング現場で、フランシス・ウルフが変な踊りをはじめたら、それがOKテイクだった。と語るハービー・ハンコックは、実に楽しそうでした。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

ドラムソロっている?

session

ネットフリックスで映画「セッション」を観ました。開始10分で「あ、これは面白いやつやん」とわかる映画で、そのとおりに面白かったです。自動車事故をするまでは。

あのラストは絶賛されてるけど、ぼくはいまいちだったなあ。そもそもドラムソロがあまり好きじゃないっていうのが理由として大きいかもしれない。普段レコード聴いてても、正直ドラムソロを良いと思ったことないから・・・。いるかなあ、ドラムソロ。(ドラマーの人、すいません)

一緒に観た妻もほぼ同じ意見でした。途中まではすごく面白かったのにねと。しかし主人公が一流を目指してどんどん狂気を身にまとっていく様は、なかなか見ごたえがありました。いろんなものを犠牲にしたり、傷つけたりしながら。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

最近の映画鑑賞記録

なかなかがっつりと映画を観る時間が取れないので、ひとつの作品を何日かに分けてちょこちょこ観たりしています。近所のゲオやツタヤで借りるんですけど、結局観ないまま返却することが半分くらいあります。モッタイナイネー。

ここ最近の個人的ヒットはゴダールの「気狂いピエロ」で、いままでちゃんとゴダールさんを観てこなかったぼくは衝撃を受けました。こんなにかっこよくて面白かったのか。ただのオシャレ映画と勘違いしておりました。

同じくゴダールのウイークエンドもすごかった。頭に映像が焼き付いて離れないのは、気狂いピエロよりもウイークエンドのほうでした。ぶつ切りBGM、突然画面を覆うタイポグラフィ、カメラ長回しシーン、豊かな色彩、中毒性のある映画でした。

poster

最近観た映画(再観賞含む)

気狂いピエロ ★★★★★
ウイークエンド ★★★★★
過去のない男 ★★★☆☆
キッズリターン ★★★★☆
太陽を盗んだ男 ★★★☆☆
バッファロー66 ★★★★★
エル・トポ ★☆☆☆☆
スリ ★★★☆☆
CURE ★★★☆☆

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

3-4X10月にエリック・ドルフィー?

boilingpoint

3-4×10月にはまったくBGMが無く、エンドロールさえ無音ですが、北野武監督は当初エリック・ドルフィーの音楽をつけようと考えていたらしいという記事を見かけました。

結果的に無音にしてぼくは大正解だったと思いますが、ドルフィーが流れる3-4×10月も、ちょっと観てみたい。

それにしても、タケシさんがジャズにも精通していたのは知らなかったな。昔タクシーの運転手をしていたときに、セロニアス・モンクを乗せて伝票にサインをもらったっていう話も聞いたけど、本当だろうか。

お笑いビッグ3でゴルフをやっている時、タケシさんとタモリさんはあんまりソリが合わないように見えたし、共通の話題も無さそうだったけど、実はカメラの無いところでジャズの話とかしてたのかな。

カテゴリー: 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

ボヘミアン・ラプソディ

bohe

日本のドラマは説明しすぎだし、悪い人が悪い演技をしすぎだし、もっと視聴者を信用してほしいよなあ、と愚痴をこぼしていたぼくですけどね。もしかしたらぼくもホームページをつくる時、説明しすぎているんじゃないか?と、ふと思ったり。

伝わるホームページづくりをモットーにしていますが、場合によってはもっと想像の余地を残したほうがいいかもしれない、ユーザーをもっと信用したほうがいいかもしれない、とかいろいろ考える、秋の夜長です。

話題の「ボヘミアン・ラプソディ」観ました。クイーンの曲ってすばらしいなと思いました。CMとかではよく耳にするけど、ちゃんと聴いたこと無かったから。感動したなあ。

それで昨晩、我が家ではフレディマーキュリーさんの真似をして、リビングを練り歩く遊びが流行りました。

カテゴリー: 仕事のこと, 映画や音楽のこと コメントをどうぞ

2001年宇宙の旅

ZOZOの前澤さんが月に行くと言っていますが、人は本当に月に行けるんですね。ぼくはアポロ月面着陸の映像はウソだった説をわりと信じていたので、あ、行けるんだ、と驚いているところです。

そのニュースを見たからというわけでは無いですが、キューブリックの2001年宇宙の旅を観ました。もう何度も観た映画だけど、やっぱりどのシーンもカッコいい。

space2001

キマってるなー。

名作を何度も鑑賞して、そこから優れた構図を学び、自分の引き出しを増やすのだ。

カテゴリー: デザイン&アートのこと, 映画や音楽のこと コメントをどうぞ
123...10...Last

PAGE
TOP